sonible社「smart:EQ 3」の最新セール情報【AIがオーディオを分析して最適な処理をしてくれるEQプラグイン】

sonible社から登場した「smart」シリーズはオーディオ信号を分析してAIエンジンが最適な処理を行ってくれる人気のプラグインです。特に「smart:EQ」は同社の自動処理の技術を見せ、SNSでも話題になりました。

そして「smart:EQ」の新しいバージョン「smart:EQ 3」がリリースされインテリジェントEQの機能をさらに向上させています。

こちらではそんな便利すぎる人気プラグイン「smart:EQ 3」の最新セール情報、過去のセール情報をまとめています。

「smart:EQ 3」最新セール情報

お得に買うために最新のセール情報をチェックしましょう!初めて「smart:EQ 3」を購入する人はもちろん、アップグレード版はかなり安くなるので、持っている人は要チェックです。

Plugin Boutique「sonible Summer Sale」2021年7月16日-8月6日まで

sonible Summer Sale

現在、Plugin Boutiqueなどのプラグイン販売サイトや楽器店で「sonible Summer Sale」を開催中。sonible製品が最大60%オフ、「smart:EQ 3」も通常15,687円(税込)の所、31%オフの10,823円(税込)で購入できるセール中です。

さらに「smart:EQ 2」を持っている人はアップグレード版が通常4,743円(税込)の所、25%オフの3,526円(税込)で購入できます。

sonible Summer Sale内容

「entropy:EQ+」:¥12,040→60%オフ¥4,743

「proximity:EQ+」:¥12,040→60%オフ¥4,743

「smart:EQ live」:¥21768→50%オフ¥10,823

「sonible frei:raum EQ」:¥21,768→50%オフ¥10,823

「smart:comp」:¥15,687→38%オフ¥9,607

「smart:reverb」:¥15,687→38%オフ¥9,607

smart:bundle」:¥30,281→36%オフ¥19,336

「Special EQ Bundle」:¥30,281→36%オフ¥19,336

「Studio Bundle」:¥42,441→34%オフ¥27,849

※金額は税込表示

>> sonible Summer Saleの販売ページはこちら

過去のセール履歴

「smart:EQ 3」は前回、通常15,506円(税込)の所、31%オフの10,698円(税込)で購入できるイントロセールを開催していました。

sonible「smart:EQ 3」

「smart:EQ 3」はsonible社のオーディオ分析アルゴリズムを使ったインテリジェントEQの最新バージョンです。

バージョンを重ねるごとにオーディオ解析精度もアップしているのはもちろん、今回は「iZotope」の「Nectar3」のように複数のトラックのEQを管理して調整することができる機能も追加されていて、さらにミックス向上をサポートしてくれるプラグインになっています。

「smart:EQ 3」の機能

「smart:EQ 3」の注目機能は

  • RECボタンを押してトラックを再生してトラックを解析してEQ処理をしてくれる
  • 最大6つのチャンネルをグループで管理しながらオーディオ分析してEQ処理をしてくれる(マルチチャンネルアナライザー)
  • EQ処理をする範囲を調整できる
  • プロファイルデータも充実

グループを使った調整はかなり便利で、最大6つのトラックに立ち上げた「smart:EQ 3」から、どの音を優先的させたMIXにするかをドラッグ&ドロップで入れ替えながらチェックすることができます。

各トラックを相互的に管理するのは「iZotope」の「Nectar3」が有名ですが、EQの他にコンプ処理までできる「Nectar3」の方がトータル的なバランスコントロールができるものの、各トラックの被りを処理するEQ調整をしたい時にはシンプルに使える「smart:EQ 3」の方が手軽だと思いました。

また、オーディオ解析をする際のプロファイルのプリセットも

  • アコースティックギター
  • ベース
  • ドラム
  • エレキギター
  • ハイハット
  • 鍵盤系
  • ピアノ
  • シンセ
  • スネア
  • スピーチ
  • ボーカル

と充実しています。

個人的に「smart:EQ」シリーズの良い点は自分で音のピークをチェックしたり探したりする手間を減らしてくれる点だと思います。オーディオ解析で自動EQを施すのは好みもあるので、必ず良い結果とは思いませんが、音のピークやレゾナンスのポイントを素早く解析してくれるので、解析を起点に自分好みにEQを調整することができるのが便利だと思います。

「smart:EQ 2」との違い

 

「smart:EQ 2」は「smart:EQ」からAIアルゴリズムを改良、オーディオ分析の精度を高め、よりナチュラルなピーク処理を行ってくれます。

自分で行うEQ処理が苦手という人の場合、オーディオ信号のピークをチェックできるという点はミックスの参考にもなります。

ビンテージ系のプラグインとは違い、積極的な音作りというよりもピークや不要な帯域にエネルギーが溜まってミックスを濁らせてしまう原因を処理することができるため、ミックス時間の短縮に役立つというわけです。

「smart:EQ2」は

  • 「smart:engine」によるAIが音を解析して適切なEQ処理を行う
  • 膨大なプロファイルデータを元に不要な帯域、倍音などを処理
  • ユーザー独自のプロファイルデータを作成も可能
  • kick、sner、guiter、bass、drum、pianoといったプロファイルデータを選択して読み込ませるだけで解析・処理を行ってくれる

といった特徴があります。通常のアナライザー付きEQとしても使うことができ、新たにMS処理も可能となったので、バランスの良いEQでもあります。

音の傾向はピークや倍音処理を行いつつ、若干、ドンシャリ傾向にあります。自動処理後に、EQのかかり具合を調整可能なので、気になる点を調整することで、より自分好みのミックスに近付けるでしょう。

「smart:EQ3」との違いは、オーディオ分析能力アップ、さらにマルチトラック管理ができる点ですね。オーディオ分析についても、以前よりナチュラルになっているように感じます。

プラグイン仕様

【対応OS】
Mac: Mac OS X 10.12以降(64 bit)
Windows: Windows 10以降(64 bit)

【プラグインフォーマット】

VST2、VST3、AAX、AU

【インストールについて】

インストールには無料のiLokアカウント/マネージャーが必要となります。

sonible「smart:EQ 3」のセールまとめ

sonible社「smart:EQ」の最新バージョン「smart:EQ 3」は今回もリリースしてすぐに購入してチェックしましたが、ミックスの時短に役立つ便利プラグインという評価はさらに高まりそうです。

お得な期間に是非!