「Ableton Live11」の最新セール情報【ダンスミュージック制作の定番DAWを安く買う方法】

「Ableton Live」は操作が簡単で波形編集の優秀さやリアルタイム演奏にも活用できるミキサー機能などDJ的に使用できる柔軟性もあり、ダンスミュージック、ヒップホップ系トラックメーカーに大人気のDAWです。

そんな「Ableton Live」は2021年2月に「Ableton Live10」から「Ableton Live11」へとメジャーアップデートされて、さらにインストゥルメントやエフェクトプラグインも充実しています。

この記事では「Ableton Live11」の最新セール情報、今後のセール開催が予想される時期、お得に買う方法についてまとめました!

「Ableton Live11」のセール情報

現在「Ableton Live11」のセールは開催されていません。セールが開催されたタイミングで当サイトとTwitter(@daw_hack)で発信します。

前回のセールは「Ableton Live11」へのメジャーアップデートを記念して「Ableton Live10」が20%オフというセールを開催していました。

他にもブラックフライデーで25%オフセールを開催しているので、今年のブラックフライデーも期待できます。

「Ableton Live」は単品でのセールは少ないです。逆にメジャーアップデートや他メーカーとのバンドル、周辺機器とセット販売されているケースが多いです。

「Ableton Live11」を安く購入する方法

「Ableton Live11」はセール開催が少ないためセール期間よりも、割引や特典がある販売サイトで購入した方が安く購入できます。

例えば

  • Rock oN Company
  • サウンドハウス

といった二つの老舗サイトは10%のポイント還元で実質価格がお得に。セール期間外でも安く買えます。

Ableton Live11の主な販売サイト

ableton.com※販売元

  • Ableton Live11 Suite:¥80,800(税込)
  • Ableton Live11 Standard:¥48,800(税込)
  • Ableton Live11 Intro:¥10,800(税込)

Rock oN Company※10%ポイント還元

  • Ableton Live11 Suite:¥80,799(税込)→8,079ポイント還元で実質¥72,720(税込)
  • Ableton Live11 Standard:¥48,800(税込)→8,079ポイント還元で実質¥43,920
  • Ableton Live11 Intro:¥10,800(税込)→1,080ポイント還元で実質¥9,720

サウンドハウス※10%ポイント還元

  • Ableton Live11 Suite:¥80,799(税込)→8,079ポイント還元で実質¥72,720(税込)
  • Ableton Live11 Standard:¥48,800(税込)→8,079ポイント還元で実質¥43,920
  • Ableton Live11 Intro:¥10,800(税込)→1,080ポイント還元で実質¥9,720

 

Amazonに出店している各楽器店

楽天市場に出店している各楽器店

ヤフーショッピングに出店している各楽器店

「Ableton Live」付属の他社製品からアップグレード

他社製品に付属している「Ableton Live」からアップグレードすることで、通常価格よりも安く入手できるというもの。付属しているグレードは「Ableton Live Lite」が多いです。

Ableton Live Liteからのアップグレード価格は

  • Live LiteからLive11 Suiteへのアップグレード:¥70,800(税込)
  • Live LiteからLive11 Standardへのアップグレード:¥39,800(税込)

これからDTMを始めようとしていてDAWの他に周辺機器を購入する予定の人は、「Ableton Live」付属の製品をチェックしてみるのもおすすめです。

おすすめ「Ableton Live」付属の製品

「Ableton Live」の正式コントローラーでもある「ableton Push 2」とのバンドルです。このセットがあれば「Ableton Live」を思う存分使い倒せます。

MIDI鍵盤とのバンドルが一番安く「Ableton Live」付属製品を購入できる商品です。これからDTMを始めようと考えている人向けです。

AKAIのMIDIコントローラーとのバンドル。ヒップホップ系トラックの打ち込みにピッタリ。

歌やギターなどを録音する予定がある人はオーディオインターフェースとのバンドルがおすすめです。

Ableton Liveのアカデミック版は40%オフ

「Ableton Live」には学生、先生、学校、教育機関向けのアカデミック版が用意されていてSuite、Standardが40%オフで購入できます。

Ableton Live11 Suite:¥80,799(税込)→¥57,714(税込)
Ableton Live11 Standard:¥48,800(税込)→¥34,857(税込)

学生証、教職員IDカードなどを提示して購入します。

「Ableton Live11」の種類・価格

現在の最新バージョン「Ableton Live11」のラインナップは

  • Ableton Live11 Intro(低価格版)
  • Ableton Live11 Standard(通常版)
  • Ableton Live11 Suite(完全版)

この3つがあります。

各ラインナップの比較表がこちら

>> Ableton Live11の比較表

また、「Ableton Live11」には「Ableton Live11 Suite」を試せる無償体験版も用意されているので、まずは体験版でチェックしてみるのが良いでしょう。

「Live 11 Intro」

「Live 11 Intro」 は「Ableton Live11」の主要機能を備えた低価格モデルです。

  • オーディオトラック/MIDIトラック x 16
  • センドトラック/リターントラック x 2
  • オーディオ入力(モノラル)x 8
  • オーディオ出力(モノラル)x 8
  • Capture MIDI
  • ワープモード“Complex”
  • コンピング
  • MIDIポリフォニック・エクスプレッション
  • ノート発音率とベロシティ変化率
  • テンポ追従
  • 1,500種類以上のサウンド(5GB以上)
  • ソフトウェア・インストゥルメント x 4
  • オーディオエフェクト x 21
  • MIDIエフェクト x 11

といった内容で、「Ableton Live11」の基本的な機能を利用することができます。

公式サイト価格:10,800円(税込)

「Live 11 Standard」

「Live 11 Standard」 は「Live 11 Intro」からトラック数無制限、各種機能を追加した通常版です。「Ableton Live11」のほとんどの機能を使えます。

  • オーディオトラック/MIDIトラック x 無制限
  • シーン x 無制限
  • センドトラック/リターントラック x 12
  • オーディオ入力(モノラル)x 256
  • オーディオ出力(モノラル)x 256
  • Capture MIDI
  • ワープモード“Complex”
  • オーディオのスライス機能
  • オーディオをMIDIに変換する機能
  • コンピング
  • 複数のトラックを連結して編集
  • MIDIポリフォニック・エクスプレッション
  • ノート発音率とベロシティ変化率
  • テンポ追従
  • 1,800種類以上のサウンド(10GB以上)
  • ソフトウェア・インストゥルメント x 6
  • オーディオエフェクト x 36
  • MIDIエフェクト x 13

「Live 11 Standard」と「Live 11 Suite」はインストゥルメントやサウンドサンプル、オーディオエフェクトの収録数、「Max for Live」の有無の違いなので、ここにこだわらない人は「Live 11 Standard」から始めるのも良いかもしれません。

公式サイト価格:48,800円(税込)

「Live 11 Suite」

「Live 11 Suite」は 「Ableton Live11」の機能を全て搭載した最上位版です。本格的なトラックメイクをするなら「Live 11 Suite」一択と言えるくらいの機能を備えています。

  • オーディオトラック/MIDIトラック x 無制限
  • シーン x 無制限
  • センドトラック/リターントラック x 12
  • オーディオ入力(モノラル)x 256
  • オーディオ出力(モノラル)x 256
  • Capture MIDI
  • ワープモード“Complex”
  • オーディオのスライス機能
  • オーディオをMIDIに変換する機能
  • Max for Live
  • コンピング
  • 複数のトラックを連結して編集
  • MIDIポリフォニック・エクスプレッション
  • ノート発音率とベロシティ変化率
  • テンポ追従
  • 5,000種類以上のサウンド(70GB以上)
  • ソフトウェア・インストゥルメント x 17
  • オーディオエフェクト x 59
  • MIDIエフェクト x 15

などが含まれています。

「Live 11 Suite」はプロもトラックメイクに使っているプロ向けでもあります。充実した機能を余すことなく使える「Live 11 Suite」は最上位版と呼ぶにふさわしいグレードです。

公式サイト価格:80,800円(税込)

無料で「Ableton Live11」を使いたい人は無償体験版

「Ableton Live11」には90日間「Ableton Live11 Suite」の全機能を試せる無償体験版が用意されています。

LiteやIntroを試すより無償体験版でSuiteを試す方が「Live11」の良さを体験できるので、まずはこちらをおすすめします。

>> Ableton Live11無償体験版ダウンロードページへ

「Ableton Live11」の主な新機能

「Ableton Live11」にメジャーアップデートされて便利な新機能も搭載されています。

  • コンピング機能:複数の演奏テイク(オーディオ・MIDI)を編集したり選別できる機能
  • トラックのリンク編集
  • MIDIポリフォニック・エクスプレッション(MPE)に対応
  • ラックの機能向上
  • 人間性を感じさせる偶発的なベロシティなどを作り出すツール
  • リアルタイムのテンポ追従

と今までも使い勝手の良かったオーディオ編集やサンプル管理の他に複数テイクの選別や編集、トラックのリンク機能といった新機能が搭載。

MIDIポリフォニック・エクスプレッション(MPE)に対応するなど、さらに柔軟な演奏ができます。

新音源・デバイス

新しい音源、インストゥルメントも追加されています。おしゃれなダンスミュージックに使えるボーカルサンプルをコントロールできるインストゥルメントやシネマティックサウンドを多く制作しているSpitfire Audioと共同制作したピアノやブラス、ストリングスとデフォルトで付属していると思えない高品質なものばかり

  • Voice Box:最新のボーカルサンプル集、声ネタでの演奏やトラック作りに役立つインストゥルメント
  • Mood Reel:自然な音と人工的な音を重ねて作るアンビエントサウンドが特徴のインストゥルメント。ムードや空間、動きのある音を鳴らせる
  • Drone Lab:ドローンサウンドを生み出すサンプルやノイズ、マルチサンプリングした楽器をベースにしたユニークなサウンド
  • Upright Piano:有数なシネマティックサウンド制作のメーカーSpitfire Audioとの共同制作で作られたアップライトピアノ
  • Brass Quartet:シネマティックサウンドに最適なSpitfire Audioとの共同制作で作られたブラス音源
  • String Quartet:Spitfire Audioと共同制作。2本のバイオリン、ビオラ、チェロを録音したストリングス音源

 

新しいエフェクトも追加されています。

  • Hybrid Reverb:コンボリューションリバーブとアルゴリズミックリバーブを組み合わせた幅広い空間作りができるリバーブ
  • Spectral Resonator:入力音された音をバラバラに分割したり、様々な変化が作れるユニークなインストゥルメント
  • Spectral Time:金属的な倍音やショートディレイのような効果で奥行きを作り出すプラグイン。グリッチサウンドとの相性抜群
  • Inspired by Nature:自然界と物理現象からインスピレーションを得た6種類のインストゥルメントとエフェクト
  • PitchLoop89:グリッチサウンドやデジタルディレイ、ビブラートなどを生み出すユニーク系プラグイン

また新しいエフェクトだけでなく、既存のプラグインやデバイスも新しくなって使いやすくアップデートされています。

「Ableton」のYOUTUBEチャンネルでは様々な「Ableton Live11」のTips動画が用意されています。しかも日本語版なので一つ一つを見ていくことで基本的な使い方や便利な使い方を身につけられます。

>> Ableton Japan YOUTUBEチャンネル

システム必要条件

【Mac】

  • Mac OS X 10.13以降(64bitのみ)
  • CPU:Intel® Core™ i5プロセッサー、
  • 8GB RAM
  • 1280×800のディスプレイ解像度
  • Core Audio準拠のオーディオインターフェイスを推奨
  • インターネット接続
  • 8 GBの空きディスク容量を推奨(最大76 GB)

Live 10.1.35とLive 11は、macOS 11 Big Surと互換性があります。またAppleシリコン/M1との互換性についてもLive 10.1.35とLive 11は、Rosettaを介することで互換性があります。

【Windows】

  • Windows 10(Build 1909以降)
  • Intel® Core™ i5プロセッサー/AMDマルチコア・プロセッサー
  • 4GB以上の空き容量
  • 8GB RAM
  • オーディオインターフェイス
  • 1366×768ディスプレイ解像度
  • ASIO互換オーディオハードウェア
  • インターネット接続環境
  • 8 GBの空きディスク容量を推奨(最大76 GB)

 

「Ableton Live11」のセールまとめ

「Ableton Live11」は単体でのセールは少ないものの、ブラックフライデーではセールを開催する可能性が高いです。

セール期間外で買うなら

  • Rock oN Company
  • サウンドハウス

といったポイント還元率が高いサイトを利用するとポイント還元分がお得になります。

他にも「Ableton Live Lite」付属の他社製品からアップグレードすることで通常購入するより安くなるので、MIDI鍵盤やコントローラー、オーディオインターフェースの購入を検討している人はチェックしてみてください。

「Ableton Live11」はSuiteになると8万円を超える高額なDAWです。さらに単体でのセールが少ないのでセール情報はしっかりチェックしておきましょう!


画像出典:ableton.com/