現在開催中のセールまとめ >>

Cubase Pro 12シリーズ40%オフセール!【10月3日まで】Steinberg Cubase12アップデート・セール情報

CUBASE コンソール画面

プロにも愛用者の多い定番DAWの一つSteinberg社「Cubase」は現在、2022年3月にリリースされた「Cubase12」が最新版です。

  • 最上位版:Cubase PRO 12:メーカー価格¥62,700(税込)
  • 通常版:Cubase Artist 12:メーカー価格¥35,200(税込)
  • 下位版:Cubase Elements 12:メーカー価格¥13,200(税込)
  • 無料版:Cubase LE・Cubase AI

というラインナップで販売されています。

この記事ではSteinberg社「Cubase 12」がお得に買える最新セール情報・アップデート情報をまとめています。

Steinberg「Cubase」の最新セール情報

「Cubase」は定期的にセールやアップデートキャンペーンを行っています。最上位版をそのまま購入する以外に、下位版、通常版から「Cubase PRO 12」へのアップグレードも安くなるケースが多いので、最新のセール情報をチェックしておきましょう!

40%オフ!Cubase Sale 2022: ビッグセール

キャンペーン内容

【開催期間】2022年10月3日まで
【開催ショップ】公式サイト、国内楽器店オンラインストア

Cubase 12シリーズの新規購入、アップグレード版が40%オフで購入できるビッグセールを開催!

【Rock oN Line eStore】
>> Rock oN Line eStoreのセールページへ

【サウンドハウス】
・Cubase Pro 12
通常 ¥62,700(税込) → ¥37,620(税込)※さらに3,761ポイント付与

・Cubase Artist 12
通常 ¥35,200(税込)¥21,120(税込)※さらに2,111ポイント付与

・Cubase Elements 12
通常 ¥13,200(税込)¥7,920(税込)※さらに791ポイント付与

・Cubase Pro 12 クロスグレード版
通常 ¥41,800(税込)¥25,080(税込)※さらに2,507ポイント付与

>> サウンドハウスのセールページへ

各アップデート、アップグレード版も40%オフ!
>> Steinberg公式サイトへ

※アカデミック版はセール対象外

Cubase 12シリーズ所有者・新規購入者はVSTプラグインが貰える

今回のCubase Sale 2022と連動して今回のキャンペーン期間中にCubase 12シリーズを新規購入者した人に加えて既存のCubase 12登録ユーザー向けのVSTプラグインプレゼントキャンペーンを開催中!

2022年10月3日までにMySteinbergアカウントからプレゼントプラグインの無償クーポンコードが貰えます。

プレゼントプラグインの引き換えについて

MySteinbergアカウントで受け取ったプラグインのクーポンコードは、対象製品のメーカーウェブサイトで2022年10月3日までに製品ライセンスと引き換える必要があります。それ以降は自動的に失効されるので注意しましょう。 

プレゼントプラグイン

Celemony Melodyne Essential(参考価格:¥11,000)
業界標準のピッチ補正プラグイン「Melodyne」の入門版。上位版のような細かい編集や機能に制限がありますが、ピッチやリズムのタイミング修正は利用できます。また、Essentialを持っていれば上位版へのアップグレードが購入できるので持っていて損はありません。

>> Celemony「Melodyne 5」の詳細ページへ

Softube Dirty Tape(参考価格:$59※約¥8,277)
テープマシンのサチュレーションをモデリングしたプラグインです。Lo-fiサウンドを作りたい人に最適。

>> Softube「Dirty Tape」の詳細ページへ

Arturia CS-80(参考価格:$199※約¥27,918)
Yamaha CS-80をモデリングしたソフトウェアシンセです。

Steinberg Amped Elektra(参考価格:¥8,800)
Hohner Electraを3種類のビンテージアンプを通して収録したエレクトリック・ピアノ音源です。

Acustica Audio Fire The Clip(参考価格:€49※約¥6,861)
ワンノブタイプのデジタルクリッパープラグイン。独自のダイナミクス制御機能で不快な歪み無しで音圧レベルを高められます。

各グレードのプレゼントプラグイン

【Cubase Pro 12】プラグイン5種類プレゼント
Softube Dirty Tape、Acoustica Audio Fire The Clip、Celemony Melodyne Essensial、SteinbergAmped Elektra、Atruria CS-80 V

【Cubase Artist 12】プラグイン4種類プレゼント
Softube Dirty Tape、Acoustica Audio Fire The Clip、Celemony Melodyne Essensial、SteinbergAmped Elektra

【Cubase Elements 12】プラグイン2種類プラグイン
Softube Dirty Tape、Acoustica Audio Fire The Clip

Cubaes Proのユーザーならプラグインが5種類もらえるので、全部で約62,856円相当とかなり大盤振る舞いなキャンペーンです!キャンペーン期間中に是非ゲットしましょう。

※$、€価格のプラグインは掲載時の外国為替レートから日本円を算出。

>> Steinberg公式サイトへ

CUBASE 12のラインナップ・価格

CUBASE 12のラインナップ
  • 最上位版:Cubase PRO 12:メーカー価格¥62,700(税込)
  • 通常版:Cubase Artist 12:メーカー価格¥35,200(税込)
  • 下位版:Cubase Elements 12:メーカー価格¥13,200(税込)
  • 無料版:Cubase LE・Cubase AI

Cubase PRO 12(最上位版)

Cubase PRO 12はCubase 12の機能を全て利用できるの最上位版です。Cubase 12で本格的なDTMをするならCubase PRO 12が最適です。

【メーカー価格¥62,700(税込)】

¥37,620 (2022/09/27 17:11:52時点 楽天市場調べ-詳細)

上記に記載の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

Cubase Artist 12(通常版)

Cubase Artist 12は最上位版のCubase PRO 12と比べてインストゥルメントやエフェクトプラグイン、最大入出力数、グループチャンネルなどの機能が少ない通常版となっています。

基本的な機能は全て使用できるので、本格的な作曲ではないけど、Cubaseを使ってみたい人におすすめです。

【メーカー価格¥35,200(税込)】

Steinberg スタインバーグ / Cubase Artist 12

Cubase Elements 12(エントリー版)

Cubase Elements 12は上位グレードと比べて機能全般に制限はあるものの、手頃な価格でCubase 12に触れられるエントリー版です。

【メーカー価格¥13,200(税込)】

¥13,200 (2022/09/27 22:35:57時点 楽天市場調べ-詳細)

上記に記載の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

旧バージョンからCubase12へのアップグレード

Steinberg公式サイトでは旧バージョンからCubase 12へのアップグレードが購入できます。

Cubase PRO 12

Cubase Pro 11を所有している人は公式サイトでアップグレードにて購入できます。

【アップグレード価格¥11,000(税込)】

その他バージョンからCubase Pro 12へのアップグレード価格はこちら

・Cubase Artist 12
【アップグレード価格¥27,500(税込)】

・Cubase Artist 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8.5 / 8 / 7.5 / 7 / 6.5 / 6
【アップグレード価格¥36,300(税込)】

・Cubase Elements 12・Cubase AI 12・Cubase LE 12
【アップグレード価格¥52,800(税込)】

・Cubase Elements 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8 / 7 / 6
・Cubase AI 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8 / 7 / 6 / 5 / 4
・Cubase LE 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8 / 7 / 6 / 5 / 4
【アップグレード価格¥52,800(税込)】

・Cubase Essential 5 / 4
・Cubase Studio 5 / 4
・Cubase SX 3 / 2 / 1
・Cubase SL 3 / 2 / 1
【アップグレード価格¥55,000(税込)】

Cubase Artist 12

Cubase Artist 11を所有している人向けのアップグレード版

【アップグレード価格¥8,800(税込)】

その他バージョンからCubase Artist 12へのアップグレード価格はこちら

・Cubase Elements 12
【アップグレード価格¥27,500(税込)】

・Cubase Elements 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8 / 7 / 6
【アップグレード価格¥36,300(税込)】

・Cubase AI 12・Cubase LE 12
【アップグレード価格¥52,800(税込)】

・Cubase AI 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8 / 7 / 6 / 5 / 4
・Cubase LE 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8 / 7 / 6 / 5 / 4
【アップグレード価格¥52,800(税込)】

・Cubase Studio 5 / 4
・Cubase Essential 5 / 4
・Cubase SL 3 / 2 / 1
【アップグレード価格¥55,000(税込)】

Cubase Elements 12

  • Cubase Elements 11
  • Cubase Elements 10.5
  • Cubase Elements 10
  • Cubase Elements 9.5
  • Cubase Elements 9
  • Cubase Elements 8
  • Cubase Elements 7
  • Cubase Elements 6

上記バージョンを所有している人向けのアップグレード版です。

【アップグレード価格¥3,300(税込)】

その他バージョンからCubase Elements 12へのアップグレード価格はこちら

・Cubase AI 12・Cubase LE 12
【アップグレード価格¥5,940(税込)】

・Cubase AI 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8 / 7 / 6 / 5 / 4
・Cubase LE 11 / 10.5 / 10 / 9.5 / 9 / 8 / 7 / 6 / 5 / 4
・Cubase Essential 5 / 4
【アップグレード価格¥5,940(税込)】

他社からのクロスグレード版

Cubaseは対象の他社DAWを所有している人向けのCubase Pro最新バージョンへのクロスグレード版も用意されています。

クロスグレードの承認を得るには、商品を購入後に、対象ソフトウェアのフルリテール版正規登録ユーザーであることを証明する画面表示の出力か書類の写し(ソフトウェアライセンスカード、ダウンロードコード記載カードのコピー等)と購入申込書に記入をしてFAXまたはEメールでの提出が必要です。

クロスグレード対象DAW

Ability Pro / Ableton Live 8以降/ Apple Logic 9 以降 / Avid Pro Tools 9 以降 / Bitwig Studio 1 以降 (Bitwig 16-Track を除く) / Cakewalk Sonar X2 以降 (Cakewalk by Bandlab 版を除く) / Cockos Reaper / Imageline FL Studio 11 以降 / Magix Samplitude Pro X 1 以降 / Magix Sequoia 9 以降 / MOTU Digital Performer 7 以降 / Presonus Studio One / Propellerhead Reason 6 以降

対象外製品

※Intro / Lite / First / Student / Fruty Edition / Artist / Prime / Discounted License / Music Studio / Essentials / Elements / LE その他 FreeBundle 版、サブスクリプション版は対象外です。

Avid 社のサブスクリプション版は対象です。 

¥25,080 (2022/09/27 12:33:14時点 楽天市場調べ-詳細)

上記に記載の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

CUBASE 12の特徴

「Cubase」はプロ、アマ問わず作曲、レコーディング、ミックス、マスタリングといった幅広い音楽制作の現場に対応できるオールインワンDAWです。

ミックスはもちろんですが、作曲に役立つツールも揃っているので、「Cubase」があれば多くの制作をカバーしてくれます。

デフォルトで付属しているプラグインはどれも高品質で、フリーや安い市販プラグインが無くても「Cubase」のプラグインで十分、高品質なミックスができます。

DTMに慣れている人にとっては、作業の高速化は重要です。「Cubase」は余計な時間をとられず、楽曲制作に集中できる機能が充実しています。

「Cubase12」の新機能

「Cubase12」で追加された主な新機能に

  • ドングル不要の新しいライセンス管理
  • Apple シリコンネイティブ対応
  • MIDI リモートの統合
  • VariAudio にスケールアシスタント搭載
  • オーディオから MIDI コードへ
  • FX Modulator
  • ARA 対応の強化
  • 先進のクロスフェードエディター搭載
  • 新しい SuperVision モジュール搭載
  • Audio Warp の改良
  • 編集ワークフローの向上
  • 新エフェクトRaiser追加
  • サンプル精度のボリュームオートメーション
  • プロジェクトからのトラック読み込みの改良
  • Bluetooth MIDI (Windows)対応
  • サイドチェーンを含むオーディオ書き出し対応
  • ロジカルエディターの改良
  • ピアノ音源Verve追加
  • Dolby Atmos® での音楽制作への対応
  • パフォーマンスの向上
  • スムーズな波形の描画

という内容です。

新しい機能にはオーディオファイルからコードを検出してくれる機能やVariAudioにスケールアシスタント機能が搭載されるなど、音楽知識が無くても作曲がスムーズに進められる便利な機能が追加されています。

Yamaha公式の新機能解説動画がこちら

ドングル不要の新しいライセンス管理

Cubaseと言えば、ライセンス管理やアクティベーションに「USB-eLicenser」いわゆるドングルが必要なDAWとして知られています。このドングル管理が必要ということで敬遠してきた人も少なからず居ると思います。

今回、Cubase 12になって新しいライセンスシステムが「Steinberg Licensing」が導入されました。

これによってUSB-eLicenser不要でアクティベーションやライセンス管理ができるようになっています。

Apple シリコンネイティブ対応

Apple独自のCPU「M1チップ」に正式対応しています。これで最新Macでも安心して使えるようになりました。

Cubase11の主な機能

「Cubase11」の主な機能に

  • オーディオ書き出しキューで時間を短縮
  • 「Sampler Track 2」にスライス・LFO・レガートグライドを追加
  • 設定したスケールでの再生やクォンタイズ、リアルタイム演奏ができるスケールアシスタント機能
  • 高度なピッチベンドの作成を可能にしたキーエディター機能
  • キーエディターで曲の情報を一括でチェックできるグローバルトラック
  • 正確なダイナミックEQ搭載
  • マルチサイドチェーンの入力アーキテクチャーの改良
  • EDMトラック制作に役立つプラグインSquasher
  • ワークフローの改良と新しいフォントを追加したスコアエディター
  • 6つのサウンド&ループセットを収録したサンプルコンテンツ追加
  • カスタマイズ自在なメータリングツール「SuperVision」追加
  • マルチバンドステレオイメージャー「Imager」
  • オーディオの視覚的編集とパート分離を把握できる「SpectraLayers One」
  • 5.1 サラウンドに対応した「MultiTap Delay サラウンド」
  • より多くのスケーリングに対応できるWindows 10の可変DPIに対応
  • Cubase ArtistsやElementsに最上位グレードの機能を移植して機能向上
  • 最新AviコンソールEuconへの対応
  • リサイズ / HiDPI に対応した最新世代リモートレコーディングができる「VST Connect SE 5」追加
  • 作業を効率的で簡潔に行うためのワークフローUIの改良
  • GPUのパフォーマンスを最大活用するためのmacOS: GUIの表示最適化

という内容。

個人的にはサードパーティーのプラグイン不要なくらい、機能が充実していると思います。特にマルチバンドEQやマルチバンドコンプ、ステレオイメージャー、音量やラウドネス管理に役立つメーター関連が追加されているのは、嬉しいポイントです。

動作環境

【Mac】

macOS Monterey / Big Sur
Apple silicon Native / Rosetta2
RIntel CoreTM i5 / Apple Silicon

【Windows】

64-bit Windows 11 (Version 21H2 or higher)
64-bit Windows 10 (Version 21H2 or higher)
RIntel CoreTM i5 / AMD RyzenTM

【推奨環境】

  • 推奨 RAM サイズ: 8 GB 以上
  • ディスク空き容量(フルインストール時):70 GB 以上(Cubase Pro 12 / Cubase Artist 12 )、50 GB 以上(Cubase Elements 12)
  • 推奨ディスプレイ解像度::最低 1440 x 900 以上
  • Windows 10 に対応したグラフィックカード (Windows のみ)
  • OS 対応オーディオデバイス (ASIO 対応デバイス推奨)
  • インターネット環境::インストール、ライセンスアクティベーション、ユーザー登録等

インストール時にアプリケーションや関連データ等のダウンロードを行うため、インターネット環境が必要です。

Cubase Pro 12 インストールガイド

過去のセール情報

2022年5月

●Cubase PRO 12クロスグレードキャンペーン2022
【開催期間】2022年6月1日まで
【開催ショップ】公式サイト、国内楽器店オンラインストアなど
【価格】通常 ¥41,800(税込) → クロスグレード特価 約21%オフ ¥33,000(税込)
Steinbergが他社製のDAWユーザーを対象としたCubase Pro 12クロスグレードキャンペーン

●「CUBASE ARTIST 11 を買って、PRO をゲット!」キャンペーン
【開催期間】2021年8月1日まで
【開催ショップ】公式サイト、国内楽器店オンラインストアなど
「Steinberg Online Shop 」か全国の「Steinberg」製品取扱店で「Cubase Artist 通常版 (Full Version)」を購入して2021/8/1までにアクティベートをしてライセンス取得手続を行うと、自動で「Cubase PRO 11」のライセンスが無料で貰えるキャンペーンを開催

「Cubase PRO 11」(62,700円(税込))が35,200円(税込)の「Cubase Artist 11」を購入するだけで、最上位版ライセンスが貰えました。

Steinberg「Cubase12」のセールまとめ

Steinberg社「Cubase」は価格が

  • 最上位版:Cubase PRO 12:メーカー価格¥62,700(税込)
  • 通常版:Cubase Artist 12:メーカー価格¥35,200(税込)
  • 下位版:Cubase Elements 12:メーカー価格¥13,200(税込)

と最上位版は5万円以上するDAWですが、実際の機能を見てみるとむしろ安いと感じるくらいのボリューム、機能を搭載しています。

他のDAWには付属していないプラグインも多く、コスパ良しと感じさせてくれる充実度。本気でDTMをやりたい人にとって「Cubase」は多くのことを叶えてくれるDAWだと思います!

¥37,620 (2022/09/27 17:11:52時点 楽天市場調べ-詳細)

上記に記載の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。


画像出典:japan.steinberg.net