PreSonus「Studio One」の2021年最新セール情報【Studio One 5をお得に買う方法はコレ!】

「Studio One」は価格と機能の充実度や音質の評判も良く個人的にコスパ良しな優良DAWの一つです。さらに2020年の7月に「Studio One 4」から「Studio One 5」にメジャーアップグレードされたこともあって注目度も高まっています。

PreSonus社の「Studio One」は度々セールを開催しているので今回のアップグレードで「Studio One 5」が気になっている人も、せっかく買うならセールで安く手に入れたいですよね。

「Studio One」も「Ableton Live」などのDAWと同様に、通常購入するのはもったいないくらいお得に買える方法が複数用意されています。

おすすめの買い方をまとめると

  • PreSonusが開催するセール中に買う
  • プラグイン販売サイトのセール中に買う
  • ブラックフライデーやサマーセールなど季節のセールで買う
  • 他社製品から「Studio One」をクロスグレードする
  • 学生さんはアカデミック版を購入※半額で買えます
  • PreSonusやSpliceなどでサブスクリプションで利用する※月額なので予算が無い人におすすめ

といった方法があります。

この記事では「Studio One 5」の最新セール情報、今後のセール開催が予想される時期、お得に買う方法についてまとめました!

最新セール情報

■PreSonus Sphere29%オフセール【2021年8月24日〜8月31日まで】

最新のStudio One5 ProfessionalやPresonusの主要な製品全てにアクセスできるサブスクリプションサービス「PreSonus Sphere」が29%オフセール中です。

通常¥16,800→¥14,040(税込)

>> セール販売ページはこちら

>> PreSonus Sphereの詳細はこちら

■「Studio One 5 Crossgrade日本語版」半期大決算3D立体セールFINAL【2021年8月31日まで】

Rock oNの半期大決算3D立体セールで「Studio One 5 Crossgrade日本語版」がセール中です。

通常¥32,000→¥29,800(税込)

>> Rock oN NET eStore

PreSonus「Studio One」を安く買う方法は?

セール期間外は各オンラインショップのポイント還元セールを利用するのがおすすめ。

現在最安で買えるショップ
●サウンドハウス
Studio One 5 Professional ¥40,980(税込)
在庫がある場合はポイント10倍付与 4,245ポイント(10%)
実質36,735円で購入可能!
>> サウンドハウスでチェックする

「Studio One 5」を安く買える可能性が高いセール情報をご紹介します。

主に「Studio One 5」のセールは

  • PreSonusが開催するセール
  • Black Friday(ブラックフライデー)など季節のセール
  • プラグイン販売サイトのセール

といったケースでセールが行われています。

Black Friday(ブラックフライデー)

ブラックフライデーセール

ブラックフライデーはアメリカで行われる毎年、11月の第4木曜日の翌日の金曜日に行われる大安売りセールです。

セール期間は11月の第4金曜日付近から12月1日くらいまでの期間が多いです。

DTMをやっている人にとっては欲しかったプラグインやインストゥルメントを安く買えるチャンスで、
「PreSonus」も過去のブラックフライデーで大幅な値引きで販売しています。今年の11月もセールをすると思いますので、要チェックです。

過去のブラックフライデーでは

  • 2019年:「Studio One」、「Notion」が50%オフ
  • 2020年:「Studio One」、「Notion」が30%オフ

という大幅値引き、去年は

  • 「Professional」が42,800円→29,960円
  • 「Professional」へのクロスグレード32,000円→22,400円
  • 「Artist」が10,600円→7,420円

という感じで30%オフで購入できましたので、今年も期待ですね。

プラグイン販売サイトのセール

「Studio One 5」はMI7ジャパン以外のプラグイン販売サイトでも購入できます。Amazonや楽天でも各ショップが販売しているので、こちらから購入するのもアリ。

季節でいうと、スプリングセール、サマーセールで開催頻度が高いです。その後はブラックフライデーやニューイヤーセールといった季節に合わせて各サイトでセールが行われることがあるので、こちらもチェックしておきましょう。

楽天やヤフーショッピング、サウンドハウスなどで購入すると各サービスのポイントが貰えるので、ポイント還元分お得になります。

また、「Plugin Boutique」のような海外サイトでも購入できます。「Plugin Boutique」はセール開催が多く、購入後にバーチャルキャッシュ(Plugin Boutique内で使える仮想通貨)や有料のプラグインが無料で貰えます。

他にも様々なインストゥルメントやプラグイン、エクスパンションなどを取り扱っているので、MI7ジャパンで購入するよりも安く、今後のお買い物にも使えるキャッシュ貰えるのでおすすめです。

>> 「Plugin Boutique」でチェック

MI7の誕生日クーポン

PreSonusの製品を使うときにはMI7という代理店にユーザー登録をして利用するのですが、このユーザー登録で誕生日を入力しておくと、誕生日月にMI7で利用できる10%割引クーポンが貰えるので、購入を検討している人は先にユーザー登録をしておくのもおすすめです。

「STUDIO ONE」の価格・購入

現在の最新バージョン「Studio One 5」をPreSonusの公式サイトで通常購入する場合の価格をまとめました。

「Studio One 5」は

  • 最上位版の「Professional」
  • 通常版の「Artist」
  • 無料お試し版「Prime」
  • 「Professional」が30日間使える「デモ版」

この4つがあります。

本格的にDTMをするならフルバージョンの「Professional」がおすすめです。予算的に厳しい場合は32bitエンジンですが「Artist」を購入も選択肢の一つ。ただ、「Studio One 5」は無料で使える「Prime」、もしくは「デモ版」があるので、この2つのどちらかで使い勝手やプラグイン、音質などをチェックするのがおすすめです。

ラインナップの各機能の比較を「Studio One 5」の日本販売代理店のMI7ジャパンのサイトでチェックできます。

>> MI7ジャパン

「Studio One 5 Professional」最上位版

「STUDIO ONE 5」に付属するインストゥルメントや機能が使える最上位版です。オーディオエンジンの64bit対応、録音やエクスポートなどの64bitフロートも「Professional」のみなので、オーディオ録音やミックス、マスタリングまで自分でやろうと考えている人など、本格的にDTMをするなら「Professional」一択です。

日本語版通常価格:42,800円

「Studio One 5 Artist」通常版

「Artist」は「Studio One 5」の通常版で、「Professional」と比べると機能に制限はあるものの、基本的な機能が使えるバージョンです。ただしオーディオエンジンの32bitという点や「Studio One」のソングデータインポート機能が無いなど、他の人とのやりとりが不便な点もあるので、作曲のアイデア用のDAW、もしくは初めてのDAWで試してみたいという人向けという印象です。

日本語版通常価格:10,600円

「Studio One 5 」各種バージョンアップ/アップグレード

過去の「Studio One」を持っている人は各シリーズからのバージョンアップやアップグレードが可能です。

「Professional」へのアップグレード

  • 「Studio One 1〜4 Professional」からのアップグレード:15,800円
  • 「Producer 2」からアップグレード:15,800円
  • 「Studio One 1〜5 Artist」からアップグレード:31,800円

「Artist」へのアップグレード

  • 「Studio One 1〜4 Artist」からアップグレード:5,200円

>> 「Studio One 5 Professional Upgrade from Professional/Producer」

「Studio One 5 クロスグレード」他社製品からの導入

「Studio One」シリーズは他社製品に同梱されていたり、対象のDAWやソフトを持っている人はクロスグレードで「Professional」にアップグレード可能。通常購入よりも安く買うことができます。

主な対象製品がこちら

  • Ableton Live
  • Adobe Audition
  • Apple Logic
  • Avid Pro Tools
  • Bitwig Studio
  • Image-Line FL Studio
  • Internet ABILITY
  • Internet Singer Song Writer
  • Magix ACID
  • Magix Samplitude
  • Magix Sequoia
  • MOTU Digital Performer
  • PreSonus Notion
  • Propellerhead Reason
  • Steinberg Cubase
  • Steinberg Nuendo
  • TASCAM Sonar

「Studio One 5」アカデミック版 学生さん向け割引

「Studio One」も学生、教職員向けの割引、アカデミック版が用意されています。通常価格から半額で購入できるので、学生の人はこちらから購入するのがおすすめ。

  • 「Professional」:21,400円
  • 「Artist」:5,300円

アカデミック版対象者

アカデミック版は

  • 学生(大学・短期大学・高等、専修専門学校などの教育機関に在籍している)
  • 教育機関の教職員(大学・短期大学・高等・中、小学校・幼稚園・専修専門学校などの教育機関に在籍している)

という条件を満たしている人が対象者です。

アカデミック版は半額で購入できますが、内容は通常の製品と変わらず、アップデートなども通常通り利用でき、さらにアカデミック版を購入してから卒業しても継続して利用できます。

※アカデミック版の利用はアカデミック版を購入後、1週間以内に申請が必要です。

「PreSonus Sphere」〜「Studio One 5 Professional」を安く利用できるサブスクリプションサービス

「PreSonus Sphere」はPreSonusの主な製品を利用できるサブスクリプション型のサービスです。

1年ごと、もしくは1ヶ月の更新で

  • Studio One Professional
  • Notion
  • Studio One/Notionアドオン・ライセンス
  • 30GBクラウド・ストレージ
  • PreSonus Sphereワークスペース(データのバックアップやシェアができる)
  • コラボレーション・ツール
  • PreSonus Sphereメンバーとの共作、コラボ
  • エキスパート・チャット(Studio Oneエキスパート達に使い方のヒントを学べる)
  • Exchange
  • プリセットやコンテンツを入手できる新しいWEBポータルへアクセス
  • 限定イベントやプロモーション
  • 毎月限定コンテンツやサプライズ・ギフトを提供

などのサービスを受けられます。さらに「STUDIO ONE 5」などで使えるアドオン(プラグイン)利用可能です。

  • 「PreSonus Sphere」1ヶ月:1,530円
  • 「PreSonus Sphere」1年:16,800円

>> 販売ページはこちら

Spliceのサブスクリプションでも「Studio One 5」が使える!

サンプルやプリセット、ソフトウェアなどを月額料金で利用できる「Splice」でも「Studio One 5 Professional」が利用できます。

毎月$16.99の支払いで使い続けることができます。さらに24ヵ月支払った時点で永久ライセンスが貰えるので、予算に余裕が無い人は、「Splice」のサブスクリプションで月額料金を払いながら、余裕がある時に残りのお金を支払ってライセンスを取得するのも良いですし、途中で解約してもOKです。

Spliceのサブスクリプションで利用できるDAWやプラグイン、インストゥルメントをチェック!

>> Splice

無料で「Studio One 5」を体験したい人は「Prime」・「デモ版」から!

「Studio One 5」は

  • 使用期間に制限が無い「Prime」
  • 30日間最上位版の「Professional」を使える「デモ版」

の2つが用意されています。

「Studio One 5」が気になっている人はまず、こちらで試してみるのがおすすめです。

どちらも「PreSonus」の公式サイト「my.presonus.com」でアカウントを作成することで、ダウンロード可能です。

「Studio One 5」を無料でお試しできる「Prime」

「Prime」は 「Studio One 5」を無料で利用できる体験版です。DTM初心者やちょっとした簡易の作曲をしてみたいといった人にも使えます。

機能自体はトラック数や使用時間の制限も無いですし、オーディオ、MIDI編集、ミックスもできます。ただし付属のインストゥルメント数や細かな機能は制限されているので、ベーシックな使い方のみで「Studio One 5」を体験してから有料バージョンにアップグレードするのが良いと思います。

「Studio One 5」を30日間無料で使える「デモ版」

「Studio One 5」は「Professional」のほぼすべての機能を30日間使えるデモ版が用意されています。30日間という期間限定ですが「Prime」よりも機能が上で最上位版を試せるので、より本格的にDTMに取り組む、もしくはDAWの乗り換えを検討している人はこちらがおすすめ。

「Studio One 5」の特徴

「Studio One 5」の新機能には

  • スコアリング:PreSonusのNotionをベースにしたスコアビューで楽譜作成、編集が可能
  • クリップ・ゲイン・エンベロープ:クリップノイズ、ポップノイズの修正、音量やトランジェント、リリースなどを調整できるオーディオ部分の修正に役立つツール。
  • キー・スイッチ対応、編集、マッピング:キースイッチ、アーティキュレーションに対応、編集やマッピングが可能、設定をプリセットとして保存もできる
  • MPE、ポリプレッシャー対応:ノートコントローラーに対応、さらに新世代のMIDI「MPE」にも対応
  • Melodyne Essential 5と統合:Melodyne Essential 5のボーカル編集ツールやコード検出機能、コードグリッドを大幅に改善
  • タイムストレッチモード、テープリサンプル:テンポをタイムストレッチに設定してテープリサンプルを選択するとオーディオのテンポとピッチがロックされるので、オーデイオサンプルを活用する時に自然な状態でマッチさせられる
  • ショーページ:制作と同じインストゥルメントやエフェクトをライブのステージで使用可能。リアルタイムでのプレイに役立つ機能です。
  • Native EffectプラグインのUIデザインを一新:搭載されているative EffectプラグインのUIが変更になり、新たなエフェクトや設定も追加されています。
  • 拡張ミキサー:コンソールをキャプチャしたり、設定の保存、呼び出しが可能
  • 専用リッスン・バス:独自のレベルコントロール、AFL/PFLソロ、インサート・スロットで気に入ったルーム構成のプラグインを使用できる
  • 64-bit浮動小数点/384 kHz WAVフォーマットでの録音・再生
  • 外部のMTC・MMCとの同期:外部ハードウェアやデバイスとのMIDI同期が可能に

といった内容です。さらにバージョン5.2で様々な機能の改善が行われています。

仕様

【Mac】

  • Mac OS X 10.13以降(64bitのみ)
  • CPU:Intel Core™ i3以上、「Rosetta 2」でサポートされるApple M1プロセッサ
  • メモリ:最低 4GB RAM / 推奨 8GB 以上
  • インターネット接続 (インストール、アクティベーション、およびクラウド、ショップ、エクスチェンジの統合に必要)
  • モニター:1366 x768 解像度のモニター (高 dpi モニターを推奨)※タッチ操作にはマルチタッチ対応モニターが必要
  • ストレージ:40 GB のハードドライブの空き容量 (Studio One Professional)、20 GB のハード ディスク空き容量 (Studio One Artist)

【Windows】

  • Windows 10(64bitのみ)
  • CPU:Intel Core™ i3/AMD A10 プロセッサー以上
  • メモリ:最低 4GB RAM / 推奨 8GB 以上
  • インターネット接続 (インストール、アクティベーション、およびクラウド、ショップ、エクスチェンジの統合に必要)
  • モニター:1366 x768 解像度のモニター (高 dpi モニターを推奨)※タッチ操作にはマルチタッチ対応モニターが必要
  • ストレージ:40 GB のハードドライブの空き容量 (Studio One Professional)、20 GB のハード ディスク空き容量 (Studio One Artist)

 

セール履歴

2021年6月

2021年6月2日に超短期のフラッシュセールが行われていました。

PreSonus「Studio One」のセールまとめ

PreSonus社の「Studio One」を安く買うなら

  • PreSonusが開催するセール
  • プラグイン販売サイトのセール
  • ブラックフライデーやサマーセールなど季節のセール
  • 他社製品から「Studio One」をクロスグレードする
  • 学生・教職員さんならアカデミック版を購入
  • 「PreSonus Sphere」で1ヶ月もしくは1年間のサブスクリプションを利用
  • Spliceのサブスクリプションで利用する※24ヶ月支払いでライセンス取得可能

といった方法があります。

「Studio One」は度々セールを開催しているので、通常価格で買うよりも、セール情報をチェックしてお得に購入したいですね!


画像出典:MI7ジャパンpluginboutique.com