2022年開催中セールまとめ>>

UVI社「Synth Anthology 3」が50%オフセール開催中!5月16日まで|3500以上のプリセットを収録したハードウェアシンセライブラリー

UVI社「Synth Anthology 3」

UVI社のシンセライブラリー「Synth Anthology 3」が50%オフセール開催中です。

Synth Anthology 3は132種のハードウェアシンセをサンプリング、3500以上のプリセットを収録したシンセライブラリーです。

様々なシンセサウンドをシンセジャンル別に収録、膨大なプリセットは幅広いジャンルに対応できる内容になっています。

同社からリリースされている「Vintage Vault 4」は実機を再現した音源が多数収録されていますが、Synth Anthology 3は一つのインターフェースにジャンル別に用意されたプリセットを読み込む形なので非常に使いやすく、使いたい音にもすぐに辿り付けます。

こんな人におすすめ!
  • ハードウェアシンセサウンドのライブラリーを充実させたい
  • シンセプリセットを増やしたい
  • 簡単な操作でシンセを使いたい
  • 往年の名機と呼ばれるシンセサウンドを使いたい
セール情報

UVI ラッキーセール
【セール期間】2022年5月16日17時終了予定
【開催ショップ】UVI公式、beatcloud、Rock oN Line eStore、国内楽器店のオンラインストアなど

UVI公式、beatcloud、Rock oN Line eStore、国内楽器店のオンラインストアなどで「Synth Anthology 3」が50%オフで買えるUVIラッキーセールを開催しています。

公式で購入するよりもポイントが付与されるbeatcloudやRock oN Line eStoreがお得になっています。

beatcloud

Synth Anthology 3
【価格】通常 ¥18,000(税込)50%オフ ¥9,000(税込)※さらに180ポイント付与

>> beatcloudのセールページ

beatcloudの登録や買い方の手順は「beatcloudの買い方」で詳しく解説しています。

Rock oN Line eStore

Synth Anthology 3
【価格】通常 ¥18,000(税込)50%オフ ¥9,000(税込)※さらに135ポイント付与

>> Rock oN Line eStoreのセールページ


UVIラッキーセールはUVI全製品が対象です。平均30%オフとかなりお得なので要チェックです!

>> その他のUVI製品記事はこちら

UVI Synth Anthology 3

Synth Anthology 3はハードウェアシンセをサンプリングしたシンセライブラリーです。 Oberheim SEMやARP2600などのアナログシンセやSynclavierやFS1Rなどのデジタルシンセ、OB-6、Prophet 6、Minilogueといった往年の名機を使用してサウンドデザインを行い、マルチサンプリングによって膨大なプリセットを収録しています。

概要

  • 132のハードウェアシンセから作られた3500種以上のプリセットを収録
  • ハードシンセのサウンドを誰でも簡単に操作できるように開発
  • 一つの統一されたインターフェースでプリセットを読み込んで操作
  • MAINとSUB、2つのオシレーター
  • エディットページでオシレーターの調整が可能
  • LFO・アルペジエーター機能搭載
  • 7種類のエフェクト(ビットクラッシャー、イコライザー、コーラス、フェイザー、リバーブ、ディレイ、ドライブ)搭載
  • シンセのジャンル別に収録されたプリセットと、楽器カテゴリ別に収録されたプリセットの両方から
  • バージョン3になって50以上のハードウェアから542種のサウンドを追加

 

Vintage Vault 4との違い

UVIにはSynth Anthology 3と同様にハードウェアシンセのサウンドを多数収録したVintage Vault 4というライブラリーがあります。

どちらもハードウェアサウンドが鳴らせるライブラリーということでどちらを買えば良いか迷ってしまう人も多いです。

Synth Anthology 3:一つの音源に豊富なハードウェアシンセサウンドを収録したマルチ音源

ダウハックは2つのライブラリーを所有していますが、この2つのライブラリーの違いは

Synth Anthology 3は

  • ハードウェアシンセからデザインされたサウンドを収録してプリセットとして読み込む単体音源
  • インターフェースが統一されている
  • 音作りは基本的にインターフェースに用意されているコントロールで調整
  • プリセットはシンセジャンル、楽器カテゴリ別に収録

Synth Anthology 3は一つの音源にたくさんのサウンドプリセットが収録されたマルチ音源というイメージがわかりやすいかと思います。

収録されているカテゴリも「アナログシンセ」や「PCMシンセ」などシンセのジャンル別で固有のシンセ名などは含まれていません。

音作りもFalcon内部にて編集は可能ですが、基本的にはサンプリングされた音を鳴らすという使い方で、オシレーターを選択して1から音作りをするのには不向きです。

逆に楽器カテゴリに収録されている沢山のプリセットから音を切り替えて探していくような使い方に適していて、ピアノやキーボードサウンドも豊富に収録されています。

Vintage Vault 4:36のUVI製品(単体販売)をまとめたバンドル的な製品

対してVintage Vault 4は

  • UVIからリリースされている36のUVI製品(単体販売)をまとめたバンドル的な製品
  • それぞれの音源が元となる実機の音をサンプリングして再現している
  • 255のハードウェア電子楽器から800,000以上のサンプルを収録
  • トータルで14,000以上のプリセットを収録
  • インターフェースは実機をイメージしたもので、製品によってデザインが違う
  • サウンドの読み込みは各製品別に収録されているプリセットから読み込む
  • 実機同様にオシレーターからサウンドを作り上げられる

という内容です。

Vintage Vault 4のサウンドはそれぞれ単体で販売されているUVI製品をまとめたもので、それぞれが実際に存在するハードウェアシンセをテーマにしたものです。

IK Multimediaの「Syntronik」やArturiaの「V Collection 8」に近い内容です。

アナログシンセをサンプリングしている製品はオシレーターから音作りができる音源もあるので、それぞれのハードウェアシンセがどんな音を出すのか知っている人にとってはVintage Vault 4の方が、「あのシンセのあの音」的な探し方や音作りができます。

収録されているサウンドは36のUVI製品がまとまっているので、Vintage Vault 4の方がボリュームもあります。

個人的には

実機のシンセの名称や特徴などの知識が少ないけど、ハードウェアシンセの音を使いたい人、コストを抑えて沢山のハードウェアシンセのプリセットが欲しい人はSynth Anthology 3がおすすめ。

ハードウェアシンセの名称や特徴(アナログシンセやデジタルシンセ、どんな音が出るか)などを知っている人、これから知っていきたい人、本格的なハードウェアシンセサウンドで音作りもしたい人はVintage Vault 4がおすすめだと感じます!

Vintage_Vault_4

推奨システム環境

【対応OS】

  • Mac:Mac OS 10.9 Mavericks 〜 macOS 10.15 Catalina(64bit)
  • Windows:Windows 8 〜 Windows 10(64bit)
  • 共通:15GBの空きディスク容量、ハードドライブ:7,200回転仕様のHDDまたはソリッドステートドライブ(SSD)推奨、4GB RAMメモリ (大容量のUVIサウンドバンクは 8 GB以上を強く推奨)

【アクティベーション】

  • iLok アカウントによるアクティベーション(無料取得、USBキーは必須ではありません)
  • 1ライセンスにつき3つのデバイスまで認証可能

【動作環境】

UVI Workstation(無料)3.0.14以降、またはFalcon 2.1.0以降が必要

【対応フォーマット】

Audio Units、AAX、VST、スタンドアロン

【検証済みホスト】

Digital Performer 8以降、Pro Tools 11以降、Logic 9以降、Cubase 7以降、Nuendo 6以降、Ableton Live 8以降、Studio One 2以降、Garage Band 6、Maschine 1 & 2、Tracktion 4以降、Vienna Ensemble 5、Reaper 4以降、Sonar X3、Main Stage 3、FL Studio、Bitwig 1+、Reason 9.5+、MuLab 5.5以降

過去のセール情報

UVI「Synth Anthology 3」50%オフセール

【期間】2022年5月10日まで
【開催ショップ】beatcloud

Synth Anthology 3
【価格】通常 ¥18,000(税込)50%オフ ¥9,000(税込)※さらに180ポイント付与

Synth Anthology 3セールまとめ

Synth Anthology 3は一つの音源で3500種以上のプリセットを収録したマルチ音源ライブラリーです。

Synth Anthology 3があれば多くのハードウェアシンセのサウンドが鳴らせます。インターフェースも統一されているので、操作も簡単。プリセットを読み込むだけですぐに使えます。

Synth Anthology 3とVintage Vault 4の両方を所有していますが、音色のイメージができている時や似た音色を切り替えて探したい時はSynth Anthology 3の方が使い勝手が良くて使用頻度が高いです。

ハードウェアシンセサウンドを充実させたい人にとってはかなりコスパの良い音源です。お得な期間に是非!

UVI「Falcon2」

【画像出典】beatcloud