現在開催中のセールまとめ >>

【50%オフ5月3日まで】IK Multimedia社「Total VI MAX」セール情報|IK Multimediaのインストゥルメントを網羅した音源バンドル

IK Multimedia社「Total VI MAX」

IK Multimediaの「Total VI MAX」はIK Multimediaのインストゥルメントを網羅した音源バンドルです。

IK Multimediaには「Total Studio」シリーズという総合バンドルがありますが、

  • Total Studio:インストゥルメントの他にミックス・マスタリング用ソフト、ギター/ベース用のエフェクト・アンプシミュレーター、音響補正ソフトが収録されている最上位バンドル
  • Total VI MAX:Total Studioのインストゥルメントのみを収録

という違いがあります。そのため、ギターやベースを弾かずに作曲したり、ミックスやマスタリングは別のメーカーのプラグインを使っていて、サウンドライブラリーを増やしたい人に適したバンドルになっています。

こんな人におすすめ
  • 音楽制作に必要なシンセや楽器のインストゥルメントをまとめて揃えたい
  • DAW上でギターやベースの宅録や音作りをしない
  • ミックス・マスタリングプラグインは別のメーカーのものを使用している
最新セール情報

Total VI Celebration
【セール期間】2022年5月3日23:59まで
【開催ショップ】beatcloud

「Total VI MAX(ダウンロード版)」が50%オフで購入できるセールです。Total VI MAXへのクロスグレード版もセール対象です。

Total VI MAX
通常価格 ¥97,990(税込)50%オフ ¥48,990(税込)※さらに489ポイント付与

>> セールページはこちら

Total VI MAX Crossgrade
通常価格 ¥83,990(税込) → 50%オフ ¥41,990(税込)※さらに419ポイント付与

99.99ユーロ以上のIK Multimedia有償賞品を所有している人向けのクロスグレード版
>> セールページはこちら

Total VI MAX Maxgrade
通常価格 ¥69,990(税込) → 50%オフ ¥34,990(税込)※さらに349ポイント付与

IK MultimediaのMAXシリーズを所有している人向けのクロスグレード版
>> セールページはこちら

Total VI MAX Upgrade from TS2 Max
通常価格 ¥55,990(税込) → 50%オフ ¥27,990(税込)※さらに279ポイント付与

IK MultimediaのTotal Studio2 Maxユーザー向けのクロスグレード版
>> セールページはこちら


beatcloudの登録や買い方の手順は「beatcloudの買い方」で詳しく解説しています。
¥100,090 (2022/10/06 15:35:50時点 楽天市場調べ-詳細)

上記に記載の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

Total VI MAXの特徴

「Total VI MAX」は音楽制作をトータルでサポートするIK Multimediaのドラム音源、ベース音源、シンセ、オーケストラ楽器を含むバーチャル・インストゥルメントを収録した楽曲制作のための総合バンドルです。

  • IKバーチャル・インストゥルメント計69タイトルを収録
  • 14,600種類以上のインストゥルメント
  • 単体の楽器、ワークステーションなど7種類のプラグインを収録
  • 幅広い楽器カテゴリーを網羅した470GBを超えるコンテンツ
  • IK Product Managerでシームレスなインストールとアップデートができる

【価格】公式 €599.99(日本市場価格 ¥92,390 税込)

収録ソフトウェア

Total VI MAXには

  • ドラム・ベース音源
  • ビンテージシンセ音源・シンセ音源
  • オーケストラ楽器
  • 総合サンプルライブラリー

に対応するIK Multimediaの人気製品が多数収録されています。

MODO BASS

MODO BASSは物理モデリングで作られたベース音源です。サンプリングベースの音源よりも細かい音作りが柔軟にできるのが特徴で、様々な種類のベースをモデリング、ボディの材質や元の太さ・弦の状態、ピックアップの位置・種類の調整が可能。設定した音をリアルタイムで合成しています。

エレキベース音源の中ではトップクラスの使い勝手となっています。

「MODO BASS 2」の操作画面

MODO DRUM 1.0

MODO DRUM 1.0はMODO BASSと同様にフィジカルモデリングでドラムの音を合成した音源です。モーダル・シンセシスで作り上げたサウンドエンジンはドラムの鳴りを表現する物理的な音の他に、各太鼓のサイズや素材、ドラムヘッド、演奏スタイル、ドラムのヘッド、ボディ間の相互作用、部屋鳴りを含めたサウンドもモデリングしているためサンプリングベースの音源と比べて音作りが非常に細かくできます。

IK Multimedia「MODO DRUM 1.5」の操作画面

SampleTank 4 MAX

SampleTank 4 MAXはSampleTank 4シリーズの最上位版で8,000種類のプリセット、260GBに及ぶライブラリーが収録された総合マルチ音源です。たくさんの楽器やサウンドをカバーしているので、SampleTank 4があれば幅広いジャンルの楽曲制作に対応できます。

IK Multimedia「SampleTank 4」の商品画像

SampleTron 2

SampleTron 2は元祖サンプラーと呼ばれるMellotron®、Chamberlin、Optiganなどのビンテージキーボードを再現した音源です。

アナログ・テープ、ディスク・ライブラリーと独自の「non-Tron」サウンドを収録。テープ、ディスク・ベースのキーボード、ビンテージ・サンプル・シンセサイザー、ボコーダーならではのサウンドを再現しています。

¥21,440 (2022/10/06 15:35:50時点 楽天市場調べ-詳細)

上記に記載の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

Miroslav Philharmonik 2

Miroslav Philharmonik 2はストリングス、木管・金管楽器、パーカッションなどスコアリング制作に必要な楽器を幅広くカバーしたオーケストラ音源です。最大58GB、2,700以上のステレオインストゥルメントをハイレゾ・サンプル (24-bit / 96kHz)で収録されていて、ソロ、アンサンブルなど様々な形態に対応できます。

IK Multimedia「Miroslav Philharmonik 2」

Syntronik 2

Syntronik 2はMoog、Oberheim、Sequential Circuits、ARP、Roland、Yamahaといったメーカーの名機と呼ばれるシンセサイザー・マシンを33機種、5,500種類以上のプリセットで収録したビンテージシンセライブラリーです。先進のサンプリング技術とモデリング技術を組み合わせたハイブリッド型のバーチャルインストゥルメントです。

IK multimedia「Syntronik 2」

Hammond B-3X

Hammond B-3Xはハモンド・オルガン・カンパニーと浜松の鈴木楽器製作所との共同開発のメーカー公認Hammond B-3 バーチャル・インストゥルメントです。

ハモンド・オルガン・カンパニー初の公認音源でもあり、トーンホイール・モデルの選択、ジェネレーター・リーク、キー・クリック、トーン・バランス、パーカッション、コーラスを搭載した柔軟なオルガンエディットにも対応。ビンテージらしいギターアンプやキャビネットを通したサウンドも鳴らせます。

IK Multimedia社のオルガン音源「Hammond B-3X」

システム要求

【Mac】

  • macOS10.10以降。macOS 10.12以降を推奨
  • Intelプロセッサ(i3 2.7 GHz以上)、4GB RAM(8GBを推奨)
  • スタンドアロン、AU、VST2、VST3、AAXホスト(64ビット)

【Windows】

  • Windows7以降。Windows 10を推奨
  • Intel(i5)または同等のAMDプロセッサ、8GB RAM(16GBを推奨)
  • スタンドアロン、VST2、VST3、またはAAXホスト(64ビットのみ)
  • ASIO互換のサウンドカード/オーディオインターフェース

【共通】

  • 64ビット
  • OpenGL2互換のグラフィックアダプタ
  • 480GB以上のハードドライブスペース

IK Multimedia社「Total VI MAX」まとめ

「Total VI MAX」はIK Multimediaのインストゥルメントやシンセ音源を多数収録している総合バンドルです。

Total Studio 3.5 MAXと比べると、ミックス・マスタリング用ソフト、ター/ベース用のエフェクト・アンプシミュレーター、音響補正ソフトが収録されていない純粋な音源バンドルなので、楽曲制作のために楽器やシンセ音源ライブラリーを充実させたい人にピッタリです!

という違いがあります。そのため、ギターやベースを弾かずに作曲したり、ミックスやマスタリングは別のメーカーのプラグインを使っていて、サウンドライブラリーを増やしたい人に適したバンドルになっています!

お得な期間にチェックしてみてください!

>> beatcloudのセールページはこちら

IK Multimedia「T-RackS 5」の操作画面

【画像出典】IK Multimedia