【ブラックフライデー】サブベースに特化したベースシンセFuture Audio Workshop「SubLab」が43%オフ!11月30日まで

Future Audio Workshop「SubLab」はダンスミュージックやヒップホップで重要な役割を持つサブベース、サブハーモニクスに特化したベースシンセです。

重心が低く、密度の濃い低音は楽曲のクオリティを高めるのにも欠かせません。プロが作る低音と自分の楽曲の低音に違いがあって悩んでいるなら「SubLab」は要チェックです!

セール最新情報

プラグイン販売サイト「プラグインブティック」でSubLabが43%オフ、拡張音源がセットになった「SubLab Complete Bundle」が62%オフで購入できるブラックフライデーセールを開催中です!

SubLab単体での購入もお得ですが、拡張音源がまとめてゲットできる「SubLab Complete Bundle」も過去最安タイ(SubLab単体購入との差額は1,135円)、ブラックフライデー期間なら「SubLab Complete Bundle」がおすすめ!

●Future Audio Workshop SubLab Sale 【2021年1月7日〜11月30日】

・SubLab
通常価格¥8,835→43%OFF ¥5,049 →販売ページ

●Future Audio Workshop SubLab Complete Bundle Sale 【2021年11月8日〜12月5日】

・SubLab Complete Bundle※拡張音源、5種類がセットになったバンドル
通常価格¥16,408→43%OFF ¥6,184 →販売ページ

他にもFuture Audio社製品がブラックフライデーセールを開催しているのでチェックしてみてください!

>> Future Audioのセール販売ページ

※プラグインブティックは海外サイトなので実際に購入する際の価格が為替の影響で若干の変動します。

※プラグインブティックは英語のサイトです。
買い方・手順は「プラグインブティックの買い方」で詳しく解説しています。

Future Audio Workshop「SubLab」

Future Audio Workshop、通称FAWは「Circle2」が知られていますが「SubLab」も評判のシンセです。

近年はワークステーション的なシンセから「SubLab」のように特化したシンセも目立つようになってきました。

目的の場所をしっかりと強化できるという点で「SubLab」は用途がはっきりとしてい、目的に合った音に近づけるのが魅力となっています。

わかりやすいUIに密度の濃いサブベースが簡単に作ることができる使い勝手の良さもあり、EDM、ハウス、フューチャーベースなどのダンスミュージック、ヒップホップやトラップといった低音が重要な音楽のクオリティを高めてくれます。

日本の有名プロデューサーも「SubLab」を愛用

海外ヒップホップ系トラックメーカー・プロデューサーはもちろんですが、日本のプロデューサーも「SubLab」を使用しています。

例えば、中島美嘉、Crystal Kay、Ms.OOJA、ちゃんみな、milet(ミレイ)、Happiness、Flowerなど国内の有名アーティストのプロデュースだけでなく、海外アーティストのプロデュースを行い海外チャートでヒットさせているRyosuke “Dr.R” Sakai(サカイ リョウスケ)さんもご自身のYouTubeチャンネルで「SubLab」を紹介しています。

最近ではBE:FIRSTのデビュー曲やSKY-HIさんへの楽曲提供で話題になっていますね。

 

「SubLab」の音はパソコンやイヤホンなどのスピーカーでも聞き取れる輪郭に加えて、大きなパワーのあるスピーカーで鳴らした時にもしっかり聞ける、「808」的なサブベースが作れます。

しかも808kickにサブベースを重ねるといったレイヤー化もでき、飽和しがちな低域をコントロールしながら作成できる視認性の良さ、シンプルさも魅力です。

「SubLab」は

  • 心理音響に基づいたサブベースオシレーター搭載
  • 音階を作りながら楽曲に最適なサブベースが作れる
  • プリセットも豊富でサンプル素材も250個収録
  • 6つのエクスパンションベースパックも付属
  • 手持ちのサンプルをドラッグアンドドロップで取り込んで使える

という点でかなり作業効率も考えて作られているシンセという印象です。個人的には手持ちのサンプル素材を取り込めるという点は嬉しいポイントです。

「SubLab Complete Bundle 」のエクスパンション

今回の「SubLab Complete Bundle 」には

  • Divine Bass II
  • Richie Souf: Vol. 2
  • Hits DNA: Vol. 2
  • Hits DNA: Vol. 3
  • Crushed II
  • DECAP – 808s That Knock

以上のエクスパンションがセットになっています。

どれも即戦力な音でPlugin Boutiqueでも一つ1,101円(2021年4月6日時点)で販売されていて、「SubLab Pack Bundle」で購入しても4,403円(セール中は2,752円で買えます。)のバンドルです。これらがまとめて入っていることを考えるとかなりお得。

Divine Bass II

ヒップホップ、トラップ、フューチャーベースのサウンドデザインを専門としてる「SeanDivine」による808とサブベースのを収録したエクスパンション。彼自身のトラックに対応できる本格的な10個の808サウンドが得られます。

Richie Souf: Vol. 2

Futureの最新EPをプロデュースした新世代のヒップホッププロデューサー「Richie Souf」によるサブベースサウンドを収録。 メロウなトラックとも相性の良いサブベースが心地良いです。7つの808ベース、3つのサブベースを収録

Hits DNA: Vol. 2

A$AP FergやDaBaby、Megan Thee Stallionといったヒップホップヒッツを送り出したアーティストのトラックを丹念に再現したサブベース集。17種類のパッチを収録

Hits DNA: Vol. 3

Travis Scott, Pierre Bourne, Rick Rossといったアーティストのトラックのベース、サブベースを再現。滑らかなベースに加えて、パンチのあるバウンスするようなベースが15種類収録されています。

 

Crushed II

FAWのエクスパンションの中で歪みや重さにテーマを置いたパッチです。15種類のパッチにはザクザクとした音、ざらついた音、重さ、歪み、コンプ感満載のベースまでトラックの中で一際存在感を放つサウンドが得られます。

 

DECAP – 808s That Knock

人気ビートメイカー・サウンドデザイナー「DECAP」によるサウンドパックで、30種類を超える808,サブベースを収録。

 

プラグイン仕様

【対応OS】

  • Mac: Mac OS X 10.10以降
  • Windows: Windows7以降

【プラグインフォーマット】
VST2,VST3,AU,AAX

「SubLab」過去のセール情報

こちらでは「SubLab」の過去のセール履歴をまとめています。

SubLab Complete Bundleサマーセール

2021年7月1日〜8月1日の期間、拡張エクスパンションがセットになった「SubLab Complete Bundle」を通常14,307円の所、5,393円で購入できる60%オフのサマーセールを開催

SubLab Complete Bundleスプリングセール

拡張エクスパンションがセットになった「SubLab Complete Bundle」を通常14,311円の所、5,394円で購入できる61%オフで購入できるスプリングセールを開催していました。

ニューイヤーセール

お正月のセールとして通常7,275円の所、4,157円、43%オフというセールを開催していました。

Future Audio Workshop「SubLab」のセールまとめ

「SubLab」のブラックフライデーセールは

  • SubLab:2021年1月7日〜11月30日の期間、通常価格¥8,835→43%OFF ¥5,049
  • SubLab Complete Bundle:2021年11月8日〜12月5日の期間、通常価格¥16,408→43%OFF ¥6,184

というお得な内容です。

今回のセールではSubLab単体よりも拡張音源がまとめてゲットできる「SubLab Complete Bundle」が過去最安タイ(SubLab単体購入との差額は1,135円)でお得です!

・SubLab →販売ページ

・SubLab Complete Bundle →販売ページ

>> Future Audioのセール販売ページ

「SubLab」は何気なく作っていると、埋もれてしまったり、無駄に低域を飽和させてしまいがちなサブベースをしっかりと作り込むことができるシンセです。しかもRoland TR-808、707、「Waldorf Blofeld」、「Nord Lead」といった名機からのサンプリングした音も多数収録されているので、簡単に有名プロデューサーが使っているあのサブベースに近付けることができるというのはかなり魅力だと思いました!

キックの音作りに悩んでいる人におすすめな使いやすいキック音源もご紹介しています!

>> おすすめキック音源の記事