2022年開催中セールまとめ>>

DopeSONIX「Hype: Future Sounds」最新セール情報|90年代ヒップホップサウンドにフューチャーしたシンセ

DopeSONIX「Hype: Future Sounds」

「Hype: Future Sounds」は、ヒップホップ、ソウルなどを中心にビートメーカー向けインストゥルメントを開発しているDopeSONIX社のシンセプラグインです。

DopeSONIX社のプラグインは低価格ながらツボを抑えた音を作っているという印象で、まさにビートメーカーにピッタリなメーカー。

「Hype: Future Sounds」も90年代のアメリカ西海岸のヒップホップで使われていたようなサウンドを詰め込んでいます。

最新セール情報
※現在セールは開催されていません。
セールが開催される際は当サイトとTwitter(@daw_hack)で随時、更新していきます。

現在購入する場合は、還元特典・特典プラグインが貰えるプラグインブティックでの購入がおすすめです。

DopeSONIX「Hype: Future Sounds」
¥10,021 2022/1/24

DopeSONIX「Hype: Future Sounds」

​「Hype: Future Sounds」はLAテイストなサウンドを取り入れた300種類のパッチ・FXを収録、アルペジオ・BASS・Keys・Lead・PAD・Vox・FXといった内容のライブラリーです。

  • ARP:なめらかなアルペジオ、アタッキーなサウンドなど使いやすいアルペジオパターンが収録
  • BASS:808テイストな音、サブベース、ファットでファンキーなベースなど使いやすい音が収録
  • Key:独特の空気感を持ったエレピなどのキーサウンド
  • Lead:バリエーション豊かなシンセリードを収録
  • PAD:90年代を感じさせる太さのあるPADシンセ
  • VOX:男性、女性の声ネタを収録、チョップサウンド
  • FX:曲に彩りを与えたり、インパクトを加えられるFXを収録

これらのライブラリーに加えてアナログライクなリバーブやフィルターなどが備わっています。他にもコード進行、メロディ、ベースラインのMIDIファイルが付いています。

全体的にアナログライクなサウンドで存在感もあります。個人的には声ネタ系のプリセットがあるのは楽しめそうです。しかもCPU負荷がかなり低いため、マシンパワーが低くても使えるという点も魅力です。

プラグイン仕様

【対応OS】

  • Mac: Mac OS X 10.4以上(64 bit)※Big Surにも対応
  • Windows: WindowsXP,7,8,10(64 bit)

【プラグインフォーマット】
VST,AU

【注意点】
Pro-Toolsとは互換性がありません。

過去のセール履歴

2021年1月セール
【開催ショップ】プラグインブティック
通常8,313円 → 51%オフ 4,052円

DopeSONIX「Hype: Future Sounds」のセールまとめ

刺々しいEDM系やダブステップ系サウンドを鳴らすシンセは人気ですが、個人的にはヒップホップ、ロービートで使いやすい味のあるサウンドライブラリに特化している点で使い勝手も良く、持っていて損は無いかと思いました!

DopeSONIX「Hype: Future Sounds」
¥10,021 2022/1/24