現在開催中のセールまとめ >>

Melda Production「MVocoder」51%オフセール!9月18日まで|ロボットボイス、ボーカルシンセサウンドが作れるFXプラグイン

MVocoderのUI画像

Melda Productionの「MVocoder」はクラブミュージックで人気が高いロボットボイスやボーカルシンセサウンドが作れるボコーダープラグインです。

アナログフィルターを搭載した太いサウンドはダフトパンクのような厚みのあるロボットボイスが鳴らしたい人にぴったり。

こんな人におすすめ
  • ロボットボイスを楽曲に取り入れたい
  • ダフト・パンク的なボコーダーサウンドを使いたい
最新セール情報

MeldaProduction MVocoder Sale (Exclusive)
【セール期間】2022年9月2日~9月18日
【開催ショップ】プラグインブティック
【セール内容】MVocoderが51%オフで購入できるプラグインブティック限定セール

・MVocoder
通常価格 $59.40(¥8,573 税込)51%オフ $28.60(¥4,128 税込)

>> セールページはこちら

※日本円表示価格は為替の影響で若干の変動があります。

※プラグインブティックは英語のサイトです。
買い方・手順は「プラグインブティックの買い方」で詳しく解説しています。
Plugin Boutique購入特典
プラグインブティックでの購入では下記の特典を受け取れます。
  • 購入価格の5%のバーチャルキャッシュ(サイト内で使える通貨)が£(ポンド)でもらえる
  • リワードトークン(プリセットやクーポン、バーチャルキャッシュと交換できるポイント)がもらえる
さらに、Plugin Boutiqueでお買い物をすると下記のプラグインが無料で貰えます。
  • プレゼントプラグイン:Excite Audio社「Lifeline Expanse Lite」※リアンプによる歪みや空間処理で温かみのあるLofiな質感がプラスできるマルチエフェクト(通常価格$53.90※約¥7,789)
※上記は2022年10月のプレゼントです。プレゼントプラグインは毎月変更されます。また、予告なく特典が変更になる場合がありますので、予めご了承下さい。

Melda Production「MVocoder」

MVocoderはロボットボイス、ボーカルシンセサウンドの生成、さらにオーディオ素材間を滑らかに別のサウンドに変化させるモーフィング機能を備えたボコーダープラグインです。

アナログフィルターをベースにした図太いボコーダーサウンド

アナログフィルターをベースにしたボコーダー機能には、最大100バンド、最大10のフィルター、バンドマトリックス、バンド分布やレゾナンスグラフ、モーフィングといった機能を搭載。

使いやすく最適化された機能でありながら、柔軟性の高いクリエイティブな音作りができます。

また、内部にシンセを内蔵しているので、別のシンセを立ち上げなくても使えます。サイドチェーンを使うことで、所有しているシンセにルーティングして使うこともできます。

充実したモジュレーション機能

他にも幅広いLFO機能を搭載していて、LFO、オーディオレベルフォロワー、エンベロープジェネレーター、ランダマイズ、ピッチ検出器などのソースから任意のパラメーターを使ってモジュレーションが複雑にかけられます。

実用的な使用例の動画です。

主な機能

  • メーターと時間グラフを備えた独自の視覚化エンジン
  • 用途の広いモジュレーター機能
  • 調整可能な振動子形状技術
  • 4つのマルチパラメーター搭載
  • M/S、シングルチャンネル、最大8チャンネルのサラウンド処理
  • スマートなランダム化機能
  • 自動ゲイン補正 (AGC)、リミッター搭載
  • 調整可能なアップサンプリング
  • MIDIラーン付きMIDIコントローラー
  • SSE/SSE2/SSE3 プロセッサー向けに最適化
  • グローバルプリセット管理とオンラインプリセット交換に対応

システム環境

【Mac】

  • Mac OS X (10.7 以降)
  • VST / VST3 / AU / AAX 互換ホスト
  • SSE2 をサポートする Intel/AMD プロセッサ

【Windows】

  • Windows Vista / 7 / 8 / 10
  • VST / VST3 / AAX 互換ホスト
  • SSE2 をサポートする Intel/AMD プロセッサ

【共通】

  • 64ビットのみ

Melda Production「MVocoder」まとめ

Melda Production「MVocoder」は音作りの幅は広いですが、メインとなるロボットボイスやボーカルシンセサウンドがアナログ感のある往年のサウンドでしっかり鳴ってくれるので、シンプルで存在感のあるボコーダーサウンドを作りたい時に活躍してくれます!

エレクトロミュージックやファンキーなダンストラックで使うと効果抜群。ダフトパンク的なロボットボイスサウンドが鳴らしたい人はチェックしてみてください。

>> セールページはこちら


【画像出典】Plugin Boutique