2022年開催中セールまとめ>>

Eventide社「SP2016 Reverb」が72%オフセール開催中!【8月31日まで】レトロなリバーブサウンドが魅力のプラグイン

Eventide「SP2016 Reverb」の操作画面

Eventide社のリバーブプラグイン「SP2016 Reverb」はスタジオハードウェアの定番リバーブとして使われてきたEventide社の「SP2016」をプラグイン化したものです。

温かみのあるディレイサウンドは数々のヒットレコードで使われてきた歴史があります。そんなSP2016 Reverbを同社がプラグイン化しているということもあり、DTMでリアルなEventideのディレイサウンドが鳴らせるのはかなり魅力的なプラグインです。

最新セール情報

● Eventide Pluginpalooza MEGA Sale
【期間】2022年6月8日-2022年8月31日
【開催ショップ】プラグインブティック、Rock oN Line eStoreなど

SP2016 Reverbが約72%オフで購入できるセールを開催中です。プラグインブティックの他に国内ではRock oN Line eStoreもポイント還元があってお得になっています。

Rock oN Line eStore
・SP2016 Reverb:セール価格¥9,130(税込)※さらに136ポイント還元

>> セールページ

プラグインブティック
・SP2016 Reverb:通常価格 ¥36,817(税込)72%オフ ¥10,201(税込)※さらに£2.80(約¥465)分のバーチャルキャッシュ付与

>> セールページ


Eventide社は現在、SP2016 Reverb以外のプラグインも最大85%オフのセールを開催中です。ハイクオリティなアナログモデリングのプラグインがお得なので、この期間にチェックしましょう!

>> Rock oN Line eStoreのセールページ

>> プラグインブティックのセールページ

SP2016 Reverb

「SP2016 Reverb」はEventide社のハードウェアエフェクターSP2016というリバーブをプラグイン化したものです。

SP2016は初のプログラム可能なスタジオラックプロセッサーとして登場。トーキング・ヘッズ、アデル、マライア・キャリー、エミネムなど数多くのビッグアーティストの曲で使われてきた歴史があります。

  • 6種類のリバーブ(Room(リアルな残響)、Stereo Room(クリアで自然な残響)、High-Density Plate(大きくて重いプレート)をそれぞれビンテージとモダンの2バージョン)を収録
  • ビンテージアルゴリズムは実機に忠実なサウンドを再現
  • モダンアルゴリズムは現代サウンドに合わせた明るさと広がり、クリアなビットレート
  • シンプルで使いやすいコントロール

システム要求

【対応OS】
Mac: Mac OS X 10.9以降(64 bit)※macOS 12Monterey、M1Apple Siliconをサポート
Windows: Windows 8以降(64 bit)

【プラグインフォーマット】

VST2、VST3、AAX、AU

【インストールについて】

インストールは無料のiLokアカウント/マネージャーが必要となります。

Eventide「SP2016 Reverb」のセールまとめ

Eventideの「Blackhole」はスタジオハードウェアの定番リバーブとして使われてきたEventide社の「SP2016」をプラグイン化した「SP2016 Reverb」は3つのリバーブアルゴリズムをビンテージとモダンの2つのモードで使い分けられるのが魅力。一台でアナログっぽさとモダンなディレイ両方が鳴らせる使い勝手の良さ、シンプルなGUIでわかりやすいのも魅力です。

お得な期間に是非、チェックしてみてください。

>> Rock oN Line eStoreのセールページ

>> プラグインブティックのセールページ