2022年開催中セールまとめ>>

Lo-Fiサウンド制作に最適!AudioThing社のエコー・テープストップ「Reels」が35%のセール開催!4月30日まで

AudioThing「Reels」の操作画面

楽曲に温かみのあるエコー、テープストップ機能を搭載したLo-FiサウンドにぴったりなAudioThing社の「Reels」が40%オフのセールを開催中です!

「Reels」は

といったエフェクトが期待できます。他社のナチュラルなテープサウンドよりも、わかりやすくアナログサウンドに仕上げられるのでアナログテイストなサウンドを制作したい人におすすめです!

セール最新情報

AudioThing Plugins Anniversary Sale
【期間】2022年4月11日〜4月30日
【開催ショップ】SONICWIREやRock oN Line eStore、プラグインブティックなど

AudioThing社の「Reels」が35%オフで購入できるアニバーサリーセールです。2022年4月12日時点ではポイント還元のあるRock oN Line eStoreが最安です。

・Rock oN Line eStore
【価格】通常¥7,403(税込)35%オフ ¥4,813(税込)※さらに72ポイント還元

>> セールページはこちら


AudioThing社は現在、アニバーサリーセールを開催中。全製品対象で最大70%オフ!

>> Rock oN Line eStoreのセールページはこちら

AudioThing「Reels」

Reelsは日本製のテープマシンをモデリングしたプラグインです。Reelsをかけるだけでテープマシンのアナログ感のあるサウンドに変化させられます。

  • テープセクションとエコーセクションを内蔵
  • 日本製のポータブルテープレコーダーをモデリング
  • 当時のテープレコーダーならではのヨレたサウンドが作れる
  • 3つの異なる1/4テープの周波数特性とサーチュレーションを再現
  • ハーシュネス、中音域の明瞭度を歪ませるハーモニック・ディストーション搭載
  • WOW/フラッター、録音・再生問題によるピッチの不安定化を再現
  • ダッキング、テープや再生/再生ヘッドの不完全性によるランダムな音量低下を再現
  • クロストーク、ステレオ信号の左右チャンネル間のリーク搭載
  • ヒス、テープ内の磁性粒子による高周波ノイズを再現
  • モーター、リールモーターに起因する中周波ノイズを再現

 

 

ヴィンテージテープマシンならではのテープヒスノイズやモーターノイズなども再現していて、かなりわかりやすくLo-Fiなサウンドに仕上げられます。

また、テープスタートやストップといったテープマシンならではの効果も鳴らせるのでローファイだけでなく、楽曲のFX的な使い方もできます。

推奨システム環境

【対応OS・動作環境】

  • Mac:OS X 10.7以降
  • Windows 7以降

【プラグインフォーマット】

VST2、VST3、AAX、Audio Unit(64bitのみ)

過去のセール情報

AudioThing Reels Sale

【期間】2022年2月2日〜3月3日
【開催ショップ】プラグインブティックなどのプラグイン販売サイト

AudioThing社の「Reels」が40%オフで購入できるセールです。

●プラグインブティック
【価格】通常¥7,499(税込)40%オフ ¥4,450(税込)

Reelsアップデート記念セール

【期間】2022年2月2日〜2022年2月28日
【開催ショップ】SONIC WIREやプラグインブティックなどのプラグイン販売サイト

AudioThing社の「Reels」が40%オフで購入できるアップデート記念セール

●SONIC WIRE
【価格】通常¥6,776(税込)40%オフ ¥4,021(税込)

 

●プラグインブティック
【価格】通常¥7,511(税込)40%オフ ¥4,456(税込)

AudioThing Christmas Sale

2021年12月13日-2022年1月5日の期間、プラグインブティックでAudioThing社の「Reels」が35%オフで購入できる年末年始セールを開催

【価格】通常¥7,482(税込) → 35%オフ ¥4,863(税込)

AudioThing Black Friday Sale

2021年11月に「AudioThing Black Friday Sale」を開催

通常価格¥7,399→ 40%オフ¥4,389(税込)

Reels以外にもAudioThing社の対象プラグインが最大70%オフでした。

AudioThing「Reels」のセールまとめ

ヒップホップ系プロデューサーはもちろんですが、シンセウェーブやエレクトロサウンド、ディープなオールドスクールなハウスやテクノ、60年代、70年代、80年代のロックサウンドなど、当時のアナログ感のあるサウンドに仕上げたい人にぴったり!


【画像出典】Plugin Boutique