Audiomodern「CHORDJAM」が20%オフのセール中!コードやコード進行・ボイシングをランダム生成してくれる作曲支援型プラグイン

Audiomodern社から新たに登場した作曲支援型プラグイン「CHORDJAM」がイントロセール中です。

近年はPlugin Boutiqueの「Scaler 2」、W.A Productionの「MIDIQ」、「InstaChord」など鍵盤を弾けない人、曲作りをしたいけどコードやコード進行を作れない、音楽理論に詳しくない人でも簡単にプロっぽいコード進行が作れたり、スケールチェックができる作曲支援のプラグインが増えています。

「CHORDJAM」も「Scaler 2」、「MIDIQ」と同じ作曲支援型のプラグインで、コードやコード進行をボタン一つで生成してくれる便利なプラグインです。

また、Audiomodern社は他にも「Playbeat 」や「Riffer」といったフレーズの自動生成プラグインをリリースしているので、独自のノウハウを詰め込んだ注目のプラグインとなっています。

そんな「CHORDJAM」が現在、リリース記念で通常4,479円の所、20%オフの5,162円で購入できるイントロセール中です。

>> セール販売ページはこちら

Audiomodern「CHORDJAM」

「CHORDJAM」特徴は

  • わかりやすいUIで直感的に操作できる
  • ランダムボタンを押して自動でコード・コード進行を生成してくれる
  • 鍵盤に割り当てたコードを指一本で鳴らせる
  • 生成をコントロールするパラメーター機能
  • スケール・コード・ボイシング・リズム・プログレッションから選択
  • シーケンサーでパラメーター調整に合わせてコード進行を管理できる
  • アルペジエイターモード搭載
  • コード進行、パターンプリセット収録
  • コード、コード進行をドラッグでMIDIトラックに貼り付け可能
  • オーディオ解析機能

といった内容です。

「CHORDJAM」は、「Scaler 2」や「InstaChord」といった作曲支援型のプラグインですが、ランダムボタンでコードを自動生成してくれる所が大きな違いかなと思います。

「MIDIQ」も一つのコードを選ぶと自動でコードを生成してくれるものの、コードの内容をコントロールしやすい「CHORDJAM」の方が使い勝手が良さそうです。また、「MIDIQ」の和音生成は3和音なのに対して「CHORDJAM」は最大5和音なので、幅広いコードに対応しています。

「Scaler 2」と同様に、コードを鳴らす際に、発音のタイミングやベロシティ調整ができるので、自然なコードの響きを作ることもできます。あとアルペジエイターモードがかなり便利。気に入ったコードから、フレーズ作りにも入れます。

コードがわからない、コード進行が作れない人でも気に入った響きをランダムで生成していくこともできますし、短期間に多くの曲を作る作家さんにとってはコード進行のインスピレーションを得るツールとしても活用できるかなと思います。

注意点としては「Scaler 2」は内蔵音源によって単体で音を鳴らしてコードをチェックできますが、「CHORDJAM」は音源が含まれていないのでDAW内で別のインストゥルメントを立ち上げた状態でMIDIエフェクトとして「CHORDJAM」を挿すことで使用できます。

プラグイン仕様

【対応OS】

Mac: Mac OS X 10.12以降(64bit)
Windows: Windows 7以降(32/64bit)

【プラグインフォーマット】
VST、VST3、AU、AAX、スタンドアローン

Audiomodern「CHORDJAM」のセールまとめ

Audiomodern社の作曲支援型プラグイン「CHORDJAM」がリリース記念で通常4,479円の所、20%オフの5,162円で購入できるイントロセール中です。

「CHORDJAM」は「Scaler 2」と知識いらずでコード進行を生成してくれるので、同様にかなり便利。もちろん音楽理論がある人なら、さらに作曲に活かした使い方もできると思います。

「Scaler 2」はコード進行のランダム生成ができませんが、転調やスケールに沿ったコードを提案、MIDIやオーディオ解析機能など充実していますが、「CHORDJAM」はランダム生成と使いやすいシンプルな設計という点で初心者の方にもおすすめ。

個人的には鍵盤を弾けないしコードもわからないけど、EDMやHIPHOP、ハウスといったコードの響きで曲作りをするジャンルでも使いやすいと思いました!

イントロセール中にチェックしましょう!

>> セール販売ページはこちら