2022年新年セール 開催中! >>

【年始セール】Soundiron社のアップライトピアノ音源「The Drinking Piano」が40%オフ!1920~30年代のビアホールのアップライトピアノ|1月6日まで

Drinking_Piano

Soundiron社のアップライトピアノ音源「The Drinking Piano」が40%オフのセールを開催中です。

The Drinking Pianoは1920~30年代のビアホールで使われていたアップライトピアノライブラリーです。一般的なアップライトピアノよりも荒々しいサウンドやビンテージ感のあるサウンドも収録されています。

こんな時におすすめ!
  • 荒さのあるピアノサウンドを鳴らしたい
  • カントリー系サウンドを作りたい
  • コミカルなサウンドに合うピアノを探している
セール情報

【セール名】Soundiron Winter Sale
【期間】2021年12月22日-2022年1月6日
【開催ショップ】現在、国内外のプラグイン販売サイトでセールを開催していますが、ポイント還元なども含めると最安値はプラグインブティックとなっています。


●The Drinking Piano
【価格】通常 ¥8,815(税込)40%オフ ¥5,238(税込)

>> The Drinking Pianoのセールページへ

※プラグインブティックは英語のサイトです。
買い方・手順は「プラグインブティックの買い方」で詳しく解説しています。
Plugin Boutique購入特典
プラグインブティックでの購入は下記の特典を受け取れます。
  • 購入価格の5%のバーチャルキャッシュ(サイト内で使える通貨)が£(ポンド)でもらえる
  • リワードトークン(プリセットやクーポン、バーチャルキャッシュと交換できるポイント)がもらえる
さらに、Plugin Boutiqueでお買い物をすると下記の有料プラグインが一つ無料でもらえます。
  • プレゼントプラグイン:Pulsar Audio「Smasher:コンプレッサー」(¥6,115)
  • プレゼントプラグイン:Iceberg Audio「Beatgrader:マルチエフェクト」(¥2,419)
  • プレゼントプラグイン:CloudBounce「CloudBounce 3ヶ月のサブスクリプション:マスタリング」(¥6,239)
※上記は2022年1月プレゼント分のプラグインリストです。プレゼントプラグインは毎月変更されます。

The Drinking Pianoの特徴

The Drinking Pianoは1920~30年代のビアホールで演奏されていたビンテージ感溢れるアップライトピアノを収録した音源です。

毎晩激しく演奏され続けたビンテージならではの傷みのある100年前のピアノを録音しています。

  • Native InstrumentsのKontakt音源
  • アップライトピアノ音源
  • 1700を超えるサンプル、50以上のカスタムコンボリューションインパルスを搭載
  • 25種類のプリセット収録
  • フィルターLFO、カスタムコンボリューションエフェクト、パラメトリックEQ
  • 10間トレブル・ハープ(5弦☓2)
  • ノートとリリースごとに8〜12のベロシティレイヤー
  • 完全に調整可能なリアルなダイナミックアクション、ペダルとハードウェアのサウンド
  • チューニングされていないモード収録
  • ピアノペダルプレスアンドリリースsfxw /ダイナミックレイヤー(ダンパー、ソステヌート、ハーフペダル)

 

システム要求

【対応OS】

  • Mac :OS X 10.7以降
  • Windows:Windows 7以降
  • データ量5.25GB

使用にはNative InstrumentsのKontaktが必要です。(Kontakt Playerは非対応)

The Drinking Pianoのセールまとめ

The Drinking Pianoは100年前のアップライトピアノを収録したビンテージ感溢れるピアノ音源です。

スタンダードでクリアなアップライトピアノも良いですが、適度に荒さのあるピアノサウンドは幅広いジャンルで使いやすいです。

ジャズ系やビッグバンド、コミカルな曲調との相性は抜群。ピアノ音源のバリエーションを増やしたい人はチェックしてみてくだ!

>> The Drinking Pianoのセールページへ