SongWish社「reMIDI 2」が50%オフのセール中!MIDIファイルを自由に加工できるMIDI版サンプラー

SongWish社からリリースされている「reMIDI 2」はMIDIデータを取り込んで自由に加工・管理することができる、いわゆるMIDI版のサンプラーです。

オーディオ素材を加工するようにMIDI素材をサンプルするプラグインというのは業界初とのことで、「reMIDI 2」の前身、「reMIDI」も注目されていましたが、今回、新たにバージョン2としてリリースされました。

そんなSongWish社の「reMIDI 2」が現在、通常4,172円の所、50%オフの2,033円で購入できます!

>> セール価格販売ページはこちら

SongWish「reMIDI 2」

「reMIDI 2」はMIDIファイルから音符・コードをサンプリングし、そこからキーや、コード、タイムストレッチ、チョップといったオーディオのサンプラーによる加工と同じようにMIDI素材を加工して使うことができるMIDI版のサンプラーです。

UIにパットが備わっており、サンプリングして加工したMIDIファイルを立ち上げてサンプラーのように鳴らして様々な組み合わせで曲作りをサポートしてくれます。

さらにサンプリングしたMIDIファイルはドラッグアンドドロップ、エクスポートにも対応しています。

「reMIDI 2」の基本的な特徴として

  • MIDIファイルをドラッグでサンプリング
  • 直接鍵盤を弾いてMIDIを録音することも可能
  • 異なるMIDIファイルを君合わせて組み合わせることも可能
  • スライスやキーの変更、コード変更、タイムストレッチ機能搭載
  • ファクトリープリセットにはロイヤリティーフリーの1700曲以上からサンプリング
  • 自身のMIDIファイルライブラリー(パソコンや外付けなどのハードディスク内のディレクトリーにアクス可能)もサンプリング可能

と、基本はオーディオサンプラーと同じように、サンプリングした素材を加工することができるという点ですが、サンプリングする素材がMIDIであるという点が、あるようでなかったプラグインとなっています。


収録されているプリセットはバロック、クラシック、フォーク、賛美歌、ジャズ、マーチ、ルネッサンス、ロマンティックといったジャンルで分けられています。もちろん、加工した素材を保存しておくことも可能です。

バッハ、ベートーベン、ショパン、モーツァルト、ガーシュウィンなど150人以上の作曲家による楽曲もサンプリングされています。

UIに120個のパットが備わっていて、そこに加工したMIDIをアサインすることで、リアルタイムに演奏することも可能です。アサインしたMIDIファイルは一括でトランスポーズすることもできますし、弾いた時のベロシティも対応しています。

個人的にはDAWのMIDIトラックではなく、「reMIDI 2」上で様々なMIDIファイルを組み合わせながら加工し、イメージに合ったフレーズやコード進行を作れるのが便利だと思いました。

プラグイン仕様

【対応OS】
Mac: Mac OS X 10.7以降(64 bit)
Windows: Windows 7以降(32/64 bit)

【プラグインフォーマット】

VST、AU

SongWish「reMIDI 2」のセールまとめ

SongWish社の「reMIDI 2」は現在、通常4,172円の所、50%オフの2,033円で購入できるセール中です。

「reMIDI 2」はオーディオ素材を加工するようにMIDI素材をサンプルする発想が面白く、さらに加工もしやすいです。また、クラシックなどの名曲が収録されている点もユニークですし、自身が所有しているロイヤリティーフリーのMIDIを持っていれば、ライブラリを充実させることも可能。

MIDIで制作する機会が多い人は、曲作りのインスピレーションを与えてくれるかもしれません!

>> セール価格販売ページはこちら