Wave Alchemy「Bassynth」2021年最新セール情報【Kontakt専用のサンプルベースの高品質ベースシンセインストゥルメント】

Wave Alchemy社の「Bassynth」はベースに特化したKontakt専用(Kontakt Player対応)のベースシンセ・インストゥルメントです。

感覚的な音選びやコントロールのしやすさを備えた高品質なサンプルを用いたベース音源ですので、一台あるだけでベースの音選びを楽にしてくれると思います!

>> 現在のセール価格・購入ページはこちら

Wave Alchemy「Bassynth」

Wave Alchemy「Bassynth」は

  • サンプルベースのシンセ音源
  • 4つのオシレーターを搭載
  • POLYシンセ
  • X/Y軸のコントロールUI
  • マクロ、モジュラーエフェクト、ウェーブテーブルエンジンを搭載
  • 11GBのサウンドライブラリ・290種類のプリセットを収録

といった特徴を持っています。

ベースのプリセットにはアナログシンセベース、エレキベース、アコースティックベース、808系ベース、モジュラーベース、ウェーブテーブル系ベースシンセなどを収録。幅広いベース音をカバーしていますが、中でもダンスミュージックなどのエレクトリックサウンドで使えそうなベース音源です。

Wave Alchemy社は元々、高品質なサンプルライブラリーやKontakt音源をリリースしてきたメーカーですので、その音質のクオリティは折り紙付きとなっています。

未来的なUIはX/Y軸で音をコントロールすることが可能。感覚的に動かしているだけでも様々な変化が得られます。

Bassynth」は4つのオシレーターセクションを搭載、4つのサンプルを立ち上げ、ミックスすることも可能。これは一般的なサンプルベースのライブラリと違う点ですね。

オシレーター部分をマルチサンプリングされた音を立ち上げて、ピッチやスタート、ストレッチ調整、フィルター、ADSRなどをコントロールしながら自分だけのベース音を作ることができます。

ローエンドをカバーしながら、抜けの良いベースを作るのも簡単です。また、6つのマスターエフェクトセクションと2つのセンドエフェクトセクションに加えて、各ボイスセクションに6つのモジュラーインサートエフェクトを備えているのもポイント。

エフェクトの種類も

  • EQ
  • フィルター
  • 6つのディストーション
  • 4種類のリバーブ
  • 3つのモードを持ったディレイ
  • シェイパー
  • コンプ
  • アンプシミュレーター
  • コーラス
  • フェイザー
  • フランジャー

と充実しています。

またLFOやシーケンサーも備えているので様々なシーンで活用できます。シーケンスプリセットは36種類搭載しています。

プラグイン仕様

【対応OS】

Mac: OSX  10.12以降
Windows: Windows 7,8,10

【プラグインフォーマット】
VST、AU、AXX

※Kontakt Player 6.1 Player or Kontakt 6.1が必要です。

過去のセール履歴

過去のセール
【セール期間】2021年2月
50%オフセール通常19,912円→10,009円

Wave Alchemy「Bassynth」のセールまとめ

ベースに特化したKontakt専用(Kontakt Player対応)のベースシンセ・インストゥルメントなので、ベース音源としてかなり充実しています。

しかもサンプルベースの音源としてはかなり突っ込んだ音作りができます。
通常のベースシンセよりも音作りが簡単でありつつ、オリジナリティのある音も作れる点は魅力!

>> 現在のセール価格・購入ページはこちら