Baby Audio社「Smooth Operator」が43%オフのイントロセール!クリアなサウンドに自動で調整してくれるインテリジェント系EQプラグイン

Baby Audio社から新たにリリースされたインテリジェント系のスマートEQ「Smooth Operator」がイントロセール中です。

「Smooth Operator」はBaby Audio独自のアルゴリズムでイコライジング、コンプ、レゾナンス調整を組み合わせて音のバランスを半自動で行ってくれるインテリジェントEQです。

近年、音を自動、もしくは半自動で調整してくれるインテリジェントEQは人気が高く、「iZotope」、sonibleの 「smart:EQ 2」、SOUNDTHEORY社「GULLFOSS」など注目のプラグインが多くリリースされています。

ミックスでは不要な周波数をカットすることが曲の透明度や音圧アップに繋がる重要な工程です。でも実際に自分で調整すると必要な帯域をカットしていたり、不要な周波数をカットしきれなかったりとEQ処理で悩むことって多いですよね。

「Smooth Operator」なら半自動的に周波数を調整して、バランスの取れた音に整えてくれます。

そんな「Smooth Operator」が通常7,518円の所、43%オフの4,249円で購入できます!

>> セール販売ページはこちら

Baby Audio「Smooth Operator」

 

「Smooth Operator」の特徴は

  • EQ、コンプ、レゾナンスの調整を自動的に検出して調整(1秒間に44,100回検知)
  • 不要な周波数、不足している周波数、耳障りな周波数を同時に調整してくれる
  • 63種類のプリセット収録

というEQだけでなく、圧縮や周波数のピーク調整までしてくれる便利なプラグインです。

基本的には不要な周波数、ピークを調整してくれるので、いつも自分で細かくピークをカットしていた作業を減らしてくれます。

似たタイプのプラグインsonibleの 「smart:EQ 2」との比較動画がこちら

使い方は簡単で

  • UI中央のポイントを上下させてエフェクトのかかりを調整
  • 両サイドのポイントで特定の周波数を調整
  • フォーカスノブで音に対してどれだけの処理を調整するか決める

基本的には音に対して、中央のポイントを上下させながら、両サイドのポイントを使いながら音を調整していきます。UI上部に現在の調整具合が表示されるので、わかりやすいです。

ソロモードで各ポイントの周波数を別々にチェックでき、サイドチェインにも対応しています。

UIは水色、ピンク、薄いグリーンから選択できるのもユニークです。

 

プラグイン仕様

【対応OS】

Mac: Mac OS X 10.7以降(64bit)
Windows: Windows 7以降(64bit)

【プラグインフォーマット】
VST、VST3、AU、AAX

Baby Audio社「Smooth Operator」のセールまとめ

Baby Audio社「Smooth Operator」は通常7,518円の所、43%オフの4,249円で購入できるイントロセール中。

独自のアルゴリズムで音のバランスを半自動で行ってくれるインテリジェントEQの中では価格も安いので「iZotope」、sonibleの 「smart:EQ 2」、SOUNDTHEORY社「GULLFOSS」といったインテリジェント系EQが気になっていたけど、価格面で躊躇していたという人にもおすすめです。

おおげさなEQ処理ではなく、音に含まれる不要な周波数やピーク処理を短時間で処理してくれる「Smooth Operator」は持っているとミックスの時短になってくれると思います。

イントロセール中にチェックしておきたい注目のプラグインです。

>> セール販売ページはこちら