Arturia「Pigments 3」最新セール情報【最先端の強力なウェーブテーブルシンセ】

アナログシンセ、アナログモデリングシンセのトップメーカーの一つArturiaの新しいシンセ「Pigments」の最新バージョン「Pigments 3」がリリースされました。

「Pigments」はアナログ系シンセではなく、がっつり現代的な音作りができるウェーブテーブルシンセとして注目されましたが、今回のNEWバージョン「Pigments 3」はさらに現代的な曲作りに使える機能が追加されています。

こちらでは「Pigments 3」の最新セール情報、過去のセール履歴、「Pigments 3」の特徴をまとめています。

「Pigments 3」最新セール情報

「Pigments 3」の最新セール情報、過去のセール履歴はこちら。

Plugin Boutique「Arturia Pigments 3 Summer Sale」【2021年7月21日-8月8日まで】

Pigments 3 Summer Sale

Plugin Boutiqueで「Arturia Pigments 3 Summer Sale」を開催中です。通常22,000円の所、50%オフの12,040円(税込)で購入できます!

Plugin Boutiqueはサイト内通貨の「Virtual Cash」や「Rewards+ Tokens」が貰えるので購入後のお買い物もお得になります!

>> セール販売ページはこちら

過去のセール履歴

過去のセール情報です。

イントロセール

2021年4月に「Pigments 3」のリリース記念として通常21,507円の所、50%オフの10,699円で購入できるイントロセール中を開催していました。

Arturia「Pigments 3」

 

「Pigments」の特徴はArturiaらしいアナログモデリングではなく、現代的なウェーブテーブルシンセエンジンのシンセという点です。

基本的な特徴は

  • ウェーブテーブルとアナログオシレーターを組み合わせたハイブリッドシンセ
  • 3つのヴァーチャルアナログオシレーター
  • サンプル&グラニュラーエンジン搭載
  • 2種類(各8種類)のフィルターを搭載
  • ステップ・シーケンサー付き
  • カラフルでわかりやすいUI

という内容で、後発シンセということもあって、機能は多彩ですが、使いやすいUIでとっつきやすさが魅力だと思います。もちろん、音もArturiaらしい太くて存在感があります。

「Pigments 2」を経て新たなバージョンの「Pigments 3」はさらにパワーアップしたサウンドが搭載されています。

「Pigments 3」は新たに

  • 表現力を高めるハーモニックオシレーターを搭載
  • 第3のユーティリティエンジン搭載
  • 64個の新しいウェーブテーブル追加
  • 新たなフィルター(デュアルフォルマントフィルター/Jup-8 V4 ローパスフィルター)を搭載
  • デュアルエンジンサウンドにオシレーター・ノイズレイヤーを最大2つ追加可能できる
  • 新しいFXにBL-20フランジャー・JUN-6コーラス・ピッチディレイ・マルチバンドコンプレッサー追加
  • フィルター・FXルーティングの強化
  • 200個のプリセット追加

といった機能を追加、さらにパワーアップした印象です。

新たに追加されたオシレーターやデュアルフィルターによって、深みのある音作りも可能。FXも増えたことによってシンセの奥行きやワイド感もさらに強化されています。

また、シーケンス機能やアルペジエーターもランダムやスケール管理ができるので、曲作りのアイデアも与えてくれそうです。

Massiveに始まり、SERUMAvengerといったEDMやダブステップなど最先端のダンスミュージックで使われているウェーブテーブルシンセエンジンのラインナップに参入してきたわけですが、アナログテーブルと組み合わせる音作りは個人的にUVIのFalconにも近い印象。

音作りに慣れれば多彩でオリジナリティのある音が作れるメインシンセとして使えるポテンシャルを持っていると感じます。

プラグイン仕様

【対応OS】

Mac: Mac OS X 10.13以降(64bit)
Windows: Windows 8.1以降(64bit)

【プラグインフォーマット】
VST2、AU、AAX

Arturia「Pigments 3」のセールまとめ

Arturiaの「Pigments 3」はArturiaのVコレクションを所有している身としては、Arturiaのシンセコレクションの中で唯一足りなかったピースにハマるシンセという印象。
現代的なサウンドデザインにしっかり使えるので、最先端のダンスミュージックを作っている人は、新しい音を取り入れるという意味でも要チェックだと思います!