W.A Production社「Orchid」が87%オフのセール中!80年代のコーラス(Chorus)をシミュレートしたモジュレーションプラグイン

W.A Production社の「Orchid」は80年代のスタジオで使われていたコーラスをテーマに作られたプラグインです。

コーラスはギターやボーカル、シンセに艶や太さ、ハーモニー、ステレオ感を与えてくれるモジュレーションエフェクターですが、特に80年代はギターやベースなどにも使われていたりと使用頻度が高く、80sサウンドを作り上げてきたエフェクターの一つとも言えます。

そんなW.A Production社の「Orchid」が現在、通常4,358円の所、87%オフの546円で購入できるセール中です!

1,000円未満でビンテージコーラスが手に入るんですから、かなりお得です!

>> セール価格販売ページはこちら

W.A Production社「Orchid」

「Orchid」は1980年代のスタジオプロセッシングの中でも重要な役割を果たしていたコーラス(Chorus)をシミュレートしたモジュレーションプラグインです。

コーラスを使うことで、音の艶、厚み、深さやハーモニー、さらにはステレオ感をワイドにするなど、幅広い効果が得られます。

ディレイやステレオイメージとは違ったナチュラルな広がりが得られるので、ミックスでも使い分けることで、広がりや奥行きを生み出すことができます。

「Orchid」の特徴として

  • 通常のコーラスが信号を2倍にするのに対して4つのコーラス処理が可能
  • シンプルなパラメーターで感覚的に使える
  • 最大100mmのディレイ・リバーブ効果
  • シマーダイヤルによるハーモニックジェネレート
  • プリセットも充実
  • CPU負荷が軽い

といった内容で、ミックス中のバイパスコントロールもしやすく、実際の効果のみをモニターすることもできるため、使い勝手が良いです。

実際に使っているレビュー動画を見ても、ナチュラルなコーラスとしてはもちろん、ギターやベース、シンセに厚みを出したい時にも役立ってくれますし、ベースにかけることでふくよかな低域を作ることも可能です。

なんと言っても「Orchid」をかけるだけで、一瞬にして80年代の空気が感じられるのが魅力だと思います。アコギやエレキギター、ピアノにかけた音はかなり良いです。

個人的にはヒップホップ系のエレピにかけることで、デジタルっぽさも抜けますし、通常のディレイやリバーブとは違った空間のゆらぎが作れそうです。

プラグイン仕様

【対応OS】
Mac: Mac OS X 10.7以降(32/64 bit)
Windows: Windows 7以降(32/64 bit)

【プラグインフォーマット】

VST, VST3 AU, AAX

Diginoiz社「Hattricks」のセールまとめ

W.A Production社の「Orchid」は現在、通常4,358円の所、87%オフの546円で購入できます。

80年代のスタジオプロセッシングから得たインスピレーションで作られたコーラスということもあり、楽曲にアナログ感、太さや自然な広がりを作り出したい時に活躍してくれるでしょう。

1,000円未満というロープライスで買えるこの期間をお見逃しなく!

>> セール価格販売ページはこちら