Spectrasonics「Omnisphere2」の2021年最新セール情報【14,000種以上の豊富なプリセットを収録したモンスターシンセ】

「Omnisphere2」は14,000種類以上のプリセットを収録したSpectrasonics社のフラグシップシンセです。

膨大なプリセットはすべて確認するのも大変なほど充実していて、このシンセだけで幅広いジャンルをカバーできます。現在はバージョン2.6までアップデートされていて、豊富なプリセット、そしてアルペジエーターや内部エフェクトなど良質で使いやすい機能をどんどん追加しながら進化していて、プロにも愛用者が多い信頼できるシンセとして評価されています。

この記事ではそんな「Omnisphere2」の最新セール情報やシンセの特徴をまとめています。

Omnisphere2の販売サイト

Spectrasonics※販売元

サウンドハウス

Omnisphere2 (USB Drive版) :¥61,600(税込)※6,160ポイント還元

Rock oN Company

Omnisphere2 (USB Drive版) :¥61,600(税込)※3,080ポイント還元

Omnisphere2の最新セール情報

現在「Omnisphere2」のセールは開催されていません。セールが開催されたタイミングで当サイトとTwitter(@daw_hack)で発信していきます。

Spectrasonics社はセール開催が少ないメーカーですが、季節のセールやブラックフライデーでセールを開催しています。

過去のセール履歴

前回のセールは2021年4月に Spectrasonicsソフトウェア音源セールを行っていました。他にも短期間のフラッシュセールを開催することもあるので要チェックですね。

「Omnisphere2」の特徴

「Omnisphere2」は

  • DAWやスタンドアローンで使えるソフトシンセのマルチシンセ音源
  • サンプリングベースのシンセサイザー
  • シンセ、ハードウェアシンセ、ピアノ、マレット、FXなど14,000を超えるプリセット収録
  • 最大4つのレイヤーが可能なオシレーターパッチ
  • サンプルを取り込んでシンセサイズできるオーディオインポート機能
  • 58種類の内部FX収録
  • 自由度の高くて使いやすいアルペジエーター機能
  • MIDI Learn機能とオートメーションのパラメータ処理が可能
  • 画像や属性などでタグ付けできる使いやすいプリセットブラウザ
  • プリセットのブラウジング中にサウンドのパラメーターをロックできるSoundLock機能
  • 似た音を見つけられるSound Match機能
  • ライブラリーをSpectrasonics製品で統合可能

以上のようにわかりやすいUIと豊富なプリセット、アルペジエーター、オーディオインポートなど様々なことがOmnisphere2だけで可能に。

サウンドライブラリー

「Omnisphere2」には14,000以上のプリセットが収録。バージョンアップに伴ってどんどん新しいプリセットが追加されています。

現在のサウンドライブラリーは

  • Omnisupher Library
  • Atomosphere Library
  • Hardware Library
  • Spotlight-EDM

という4つのライブラリーが収録されています。

収録されている音はオシレーターで波形から作り上げているのではなく、サンプリングした音を収録しています。

その分、用意されている波形やサウンドは膨大で、ウェーブテーブルシンセ、FM、アナログ、生楽器系まで網羅しています。

サウンドカテゴリーもリードやプラック、ベース、モノシンセなど基本的なサウンドはすべてカバー。シーケンスシンセやサウンドスケープ、FX、レトロ系サウンドと幅広いです。

シンセリードだけでもこの量です。

すべてのプリセットをチェックするのに途方も無い時間が必要なのが「Omnisphere2」の特徴と言えるくらいです。

プリセットブラウザーが親切

「Omnisphere2」のプリセットブラウザーはプリセットのチェックしやすさに配慮したソート機能やプレビュー機能、気に入った音に似た音をまとめて呼び出してくれるSound Match機能がついているのがとても便利です。

さらに任意のパラメーターをロックした状態でプリセットを変更することができるSoundLock機能はアルペジエーターパターンは気に入っているけど音を変えたい時、LFOフレーズは活かして違う音にしたいという時などかなり便利。

サードパーティーのエクスパンションもある

ファクトリープリセットが充実している「Omnisphere2」ですが、サードパーティー製のプリセット集も販売されています。

エクスパンションはEDMなどダンスミュージック系、シネマティックサウンドが多いです。

>> Omnisphere2のエクスパンションをチェック

他社シンセを圧倒する内部FX

「Omnisphere2」は内部FXも全部で58種類と他のシンセよりも充実しています。

ダイナミクス系やディレイ、リバーブ、ディストーション、モジュレーション系に加えて、フィルターやワウ、アンプシミュレーター、ビットクラッシャーなど、プリセット同様にすべてを網羅して使いこなそうと思うのと相当時間を要する充実度です。

• Innerspace
• Quad Resonators
• Thriftshop Speaker
• Classic Twin
• Bassman
• Hi-Wattage
• Rock Stack
• Brit-Vox
• Boutique
• San-Z-Amp
• Stompbox Modeler
• Metalzone Distortion
• Toxic Smasher
• Foxxy Fuzz
• Analog Phaser
• Analog Flanger
• Analog Chorus
• Analog Vibrato
• Solina Ensemble
• Vintage Tremolo
• Envelope Filter
• Crying Wah
• Stomp-Comp
• Precision Compressor
• Studio 2-Band EQ
• Vintage Compressor
• Modern Compressor
• Gate Expander
• Vintage 2-Band EQ
• Vintage 3-Band EQ
• Graphic 7-Band EQ
• Graphic 12-Band EQ
• Parametric 2-Band EQ
• Parametric 3-Band EQ
• Formant Filter
• Power Filter
• Valve Radio
• Flame Distortion
• Smoke Amp
• Ultra Chorus
• Retro-Phaser
• Pro-Phaser
• EZ-Phaser
• Retro-Flanger
• Flanger
• Chorus Echo
• BPM Delay
• BPM Delay X2
• BPM Delay X3
• Radio Delay
• Retroplex
• Pro-Verb
• EZ-Verb
• Spring Reverb
• Imager
• Tube Limiter
• Tape Slammer
• Wah-Wah

使いやすいアルペジエーター

「Omnisphere2」に搭載されているアルペジエーターはかなり使い勝手が良いです。ステップシーケンサーで初心者でもわかりやすくシーケンサーのように使うことができます。

アルペジエーターパターンのプリセットも豊富に用意されているので、パターンを呼び出してから好みのフレーズに調整するといった使い方ができます。

プラグイン仕様

【対応OS】

  • Mac:OS X 10.13 High Sierra以上(64bit)
  • Windows 7以降(64bit)

CPU:2.4GHz以上のプロセッサー RAMメモリ:8GM以上のRAMを推奨

インストールには64B以上の空きディスク容量が必要です。

【プラグインフォーマット】

  • Mac:AU、VST 2.4、AAX対応のDAW
  • Windows:VST 2.4、AAX対応のDAW

Spectrasonics「Omnisphere2」のセールまとめ

「Omnisphere2」はSpectrasonics社のフラグシップシンセということもあって、価格も61,600円と高めです。さらにセールが少ないので、セール開催時は逃さずにチェックしたいメーカーです。

ただ、「Omnisphere2」は各楽器店でも取り扱いをしているので、ポイント還元などを利用してお得に購入するのもおすすめ。サウンドハウスRock oN Companyはポイント還元も多いのでおすすめです。

プロにも愛用者がいるモンスターシンセをお得にゲットしましょう!


【画像出典】spectrasonics.net