>> セール開催中のプラグイン一覧

Vienna Symphonic Library(VSL)社最大40%オフセール!2月28日まで|大定番のストリングス・オーケストラ音源メーカー

Vienna Symphonic Libraryロゴイメージ

Vienna Symphonic Library(VSL)社はオーストリア・ウィーンのサウンドを再現するDTMでのストリングスやオーケストラサウンドの定番メーカーの一つ。

高い再現性、表現力を備えたライブラリーと高度な演奏表現を実現する技術はプロからも信頼されており、まさにトップクラスのクオリティを誇るメーカーです。

また、Mac とWindows両方で複数のコンピュータによるネットワークを構築することができるVIENNA ENSEMBLE PROのように大規模なミキシング・ホストツールは一流の劇伴作家のスコアリング制作を支えています。

このページではVSL社の最新セール情報、おすすめ製品をピックアップしてご紹介します!

こんな人におすすめ
  • 本格的なオーケストラ曲を作りたい
  • シネマティック音楽を作りたい
  • クオリティの高いストリングス音源を探している
最新セール情報

VSL社20周年記念セール!
【セール期間】2023年2月28日まで
【開催ショップ】SONICWIRE、Rock oN Line eStore、他

SYNCHRON-izedシリーズが最大40%オフで購入できるセール開催中!

【主なセール開催ショップ】
・SONICWIRE
>> セールページはこちら

・Rock oN Line eStore
>> セールページはこちら

VIENNA INSTRUMENTSとSYNCHRON PLAYERを採用したシリーズの違い

VSLにはライブラリーを再生するための独自のエンジンが用意されていて、各ライブラリーによって使用する再生エンジンが違います。

現在、使用されている再生エンジンは、

  • VIENNA INSTRUMENTS・VIENNA INSTRUMENTS PRO: VIENNA INSTRUMNETS シリーズを再生するための再生エンジン
  • VIENNA SYNCHRON PLAYER:新たに登場した映画音楽向け大規模レコーディング・スタジオ)「Synchron Stage Vienna」で収録されたライブラリ専用に開発されたエンジン

という2つがあります。

VSLには上記2つの再生エンジンを採用したライブラリーがあります。

そのため、VIENNA INSTRUMENTSエンジンで使用するライブラリーは、SYNCHRON PLAYERでは使用できず、逆も同様となります。

また、VSL製品はNative InstrumentsのKONTAKTでは使用できないので注意しましょう。

VIシリーズ(Vienna Instrumentsエンジン)

VIシリーズはVIENNA INSTRUMENTSエンジンを採用したライブラリーです。

無響室に近い「Silent Stage」でステレオ録音されたライブラリーが基本となっていてデッドなサウンドを自分でリバーブなどをかけて細かく調整したい人におすすめ。

定位もセンターで録音されているので定位調整もしやすいです。

VIENNA INSTRUMENTSエンジンは2005年にリリースされた再生エンジンでライブラリーをコントロールできる機能の多さと柔軟性を備えているので、楽曲に合わせて細かく調整したい人はVIシリーズを選ぶのがおすすめです。

Synchronシリーズ(Synchron Playerエンジン)

Synchronシリーズは2017年に登場した「Synchron Player」エンジンを採用した新しいシリーズです。

Synchron PlayerはVIENNA INSTRUMENTSエンジンの多機能が故に慣れが必要な操作性をシンプルにコントロールできるように開発されています。

Synchron Player用に制作されたライブラリは、新設のスコアリングステージ「Synchron Stage Vienna」にてマルチマイクで録音されたライブラリーです。

定位も標準的なオーケストラ録音のシートポジションで録音されているため、パンニング調整をしなくても自然なポジションで再生されます。

また、ルームアンビエンスも含めて録音されているのでナチュラルな残響があります。

シンプルな操作性と最初から整理されたサウンドなので、曲の中で使いやすい特徴もあります。

SYNCHRON-izedシリーズ(Synchron Playerエンジン)

SYNCHRON-izedシリーズは、VIシリーズ向けに録音された素材を元に「Synchron Player」エンジンに移植した音源シリーズです。

このライブラリーの特徴はミキサー上で「Synchron Stage Vienna」のIRリバーブが適用されていて、曲に合わせててVIシリーズと同様にセンター定位のデッドなサウンドでも再生できます。

移植にあたって音声素材がブラッシュアップされていて細かなアップデートが行われています。

現時点でSynchron版でリリースされていない楽器を使いたい人やSynchronシリーズの扱いやすい操作性でVIシリーズのサウンドを扱いたい人におすすめです。

Vienna Symphonic Libraryのおすすめ音源

VSL社は歴史も長いためライブラリーが非常に多く、どれを選んだら良いか迷ってしまう人も多いです。

VSL社の主な楽器のラインナップは、

  • オーケストラ総合音源
  • ストリングス音源
  • ブラス音源
  • ピアノ・鍵盤音源
  • パーカッション・ドラム音源
  • クワイア・コーラス音源
  • ギター

などがあります。

また、上記の楽器ラインナップにいくつかのライブラリーの収録形態が用意されています。

  • シングル:単体の楽器別に収録したライブラリーです。特定の楽器に特化したライブラリーが欲しい人におすすめ
  • バンドル:複数の製品を収録したライブラリー
  • SPECIAL EDITION:VIENNA SPECIAL EDITION VOL. 1のように主要な奏法を抜き出した総合タイプ

これらの形態の製品を上述した、VIシリーズ、Synchronシリーズ、SYNCHRON-izedシリーズでリリースされています。

SYNCHRON-IZED SPECIAL EDITION VOL. 1:オーケストラ音源

SYNCHRON-IZED SPECIAL EDITION VOL. 1はVSLの最新ベスト盤と言えるスタンダードなフルオーケストラ音源です。

30以上の一般的なオーケストラ楽器と基本的なアーティキュレーションを収録しており、この音源だけでオーケストラ曲が完成させられる非常に扱いやすいライブラリーです。

ポップスやロック、シンフォニックのアレンジまで幅広く対応できるので、VSLのオーケストラ音源を使いたいという人は、SYNCHRON-IZED SPECIAL EDITION VOL. 1をチェックするのがおすすめです。

収録楽器

2つのソロヴァイオリン、2つのソロチェロ、オーケストラル・ストリングス、金管セクション(ソロとアンサンブル)、ピッコロ・フルート、バスーン、ハープ、ドラム、パーカッション、チェレスタ、ベーゼンドルファー・インペリアル

SYNCHRON-IZED SPECIAL EDITIONシリーズは、

  • SYNCHRON-IZED SPECIAL EDITION VOL. 1:スタンダードなオーケストラ音源
  • SYNCHRON-IZED SPECIAL EDITION VOL. 2:室内楽と編入楽器に着目したライブラリー
  • SYNCHRON-IZED SPECIAL EDITION VOL. 3:アパッショナータ&ミュートストリングスに着目したライブラリー
  • SYNCHRON-IZED SPECIAL EDITION VOL. 4:希少な木管と金管、クワイアを収録したライブラリー

以上のようにVOL.4までリリースされています。さらにアーティキュレーションを追加できる拡張ライブラリーも各製品に用意されています。

¥39,160 (2023/02/05 02:12:37時点 楽天市場調べ-詳細)

上記の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

SYNCHRON-IZED CHAMBER STRINGS:ストリングス音源

SYNCHRON-IZED CHAMBER STRINGSはVIENNA INSTRUMENTSをSYNCHRON PLAYER 版としてリニューアルしたライブラリーです。

21種類の楽器を収録、室内楽のサウンドをカバーするライブラリーになっています。

新しい現代的なストリングスサウンドを実現するために再編集、リマスターされたストリングスサウンドが収録されています。

フルオーケストラよりもアンサンブルが少ないのでポップスなどの歌ものにも使いやすい音源です。

収録楽器

1st Violins:6、2nd Violins:6、Violas:4、Cellos:3、Double Basses:2

VIENNA CHAMBER STRINGSには VIENNA CHAMBER STRINGS I に収録されているストリング・アンサンブルの奏法に弦の響きを抑えるミュート(弱音器)を取り付けた「コンソルディーノ」で収録、新規アーティキュレーションを追加した、VIENNA CHAMBER STRINGS IIもリリースされています。

¥57,090 (2023/02/05 02:12:38時点 楽天市場調べ-詳細)

上記の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

SYNCHRON-IZED SOLO STRINGS:ストリングス音源

SYNCHRON-IZED SOLO STRINGSはVIENNA SOLO STRINGS IをSYNCHRON PLAYER版としてリニューアルしたライブラリーです。

ヴァイオリン2台、ヴィオラ1台、チェロ2台、コントラバス1台で構成されるソロ楽器コレクションでSynchron Player用にサンプル・データベースを全面的に最適化・刷新されています。

Synchron Playerバージョンはタイムストレッチ機能が向上しており、MIDIコントローラーを使ってリアルタイムでビブラートのスピードが変更できるなど演奏面でも強化されています。

¥81,840 (2023/02/05 02:12:38時点 楽天市場調べ-詳細)

上記の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

VIENNA PERCUSSION / FULL:パーカッション音源

VIENNA PERCUSSION / FULLはVSLプロ・エディションやホライズン・シリーズに収録されている膨大なパーカッションサウンドに新規インストゥルメント、サウンドも更に多数加えられた本格パーカッション音源です。

収録楽器

ティンパニー2(最高8段階ベロシティ)、スネアドラム2(最大12段階ベロシティ、スネアのあるなしが選択可能)、バスドラム2、フィールドドラム2、タンバリン2、トライアングル2、サスペンドシンバル2、a-due シンバル2。新規インストゥルメントとしては、コンサートタム、ロトタム、太鼓

Vienna Symphonic Library / VIENNA PERCUSSION / FULL

SYNCHRON-IZED VIENNA CHOIR:クワイア・コーラス音源

SYNCHRON-IZED VIENNA CHOIRはVIENNA CHOIRをSYNCHRON PLAYER版としてリニューアルしたクワイア音源です。

ソプラノ、アルト、テナー、バスのアンサンブルは、VIENNA SYMPHONIC LIBRARY社のセカンド・ステージ「Silent Stage」で録音されており、SYNCHRON PLAYERを採用してサウンドや操作性、柔軟性が向上。サンプルデータ全体を再編集、更新して全体がパワーアップしています。

¥44,660 (2023/02/05 16:15:09時点 楽天市場調べ-詳細)

上記の「Amazon・楽天市場での参考価格」よりも安く買える場合があります。各ショップリンク先で最新価格をご確認ください。

SYNCHRON CONCERT D-274:ピアノ音源

SYNCHRON CONCERT D-274は世界的に有名なピアノメーカー「Steinway&Sons」のフラッグシップモデルD-274をVSLの最新鋭スタジオで収録したピアノ音源です。

各鍵に最大4,000サンプルを収録、圧倒的なライブ感と演奏感を表現可能な万能タイプです。

クオリティの高いスタンダードなピアノ音源を使いたい人にピッタリです。

Vienna社SYNCHRON CONCERT D-274の操作画面

SYNCHRON YAMAHA CFX:ピアノ音源

YAMAHA CFXは実機のYAMAHA CFXとSynchron Stage Viennaのコラボレーションで制作されたピアノ音源です。

メーカーラインナップに位置するフルサイズのコンサートグランドピアノのYAMAHA CFXの強弱のニュアンスや表情豊かな色彩をリアルに再現されており、高い評価を得ています。

クラシックはもちろん、ポップスやジャズとも相性が良いハイクオリティなピアノ音源です。

VIENNA SYMPHONIC LIBRARY社「YAMAHA CFX」

SYNCHRON BOESENDORFER 280VC:ピアノ音源

SYNCHRON BOESENDORFER 280VCはBoesendorferのModel 280VCをライブラリー化したピアノ音源です。

Model 280VCはBoesendorferが現代の音楽シーンにフィットさせるために1から再設計したピアノで、音の立ち上がりの速さとダイナミックレンジの広さ、多彩な音色が魅力。

ジャンルにとらわれないオールラウンドなピアノ音源です。

VIENNA社「SYNCHRON BOESENDORFER 280VC」

SYNCHRON GERMAN UPRIGHT 1904:ピアノ音源

SYNCHRON GERMAN UPRIGHT 1904はVSLの最新鋭スタジオで収録された、20世紀初頭にベルリンのクロイツベルクで製作されたC.BECHSTEIN製のヴィンテージ・アップライト・ピアノ音源です。

小型のコンサート・グランドピアノを彷彿とさせるクリアで距離感の近い音になっていて中音域の明瞭さが印象的です。

Vienna社SYNCHRON GERMAN UPRIGHT 1904のイメージ画像

システム環境

Vienna Symphonic LibraryのオーソライズにはiLok License Manager(無償)の導入と、iLokドングル(iLok2/iLok3)またはiLok Cloud(ドングル不要)を使用した認証が別途必要となりました。

Vienna Symphonic Libraryまとめ

Vienna Symphonic Libraryはプロにも使用者が多いオーケストラライブラリーのメーカーです。

SYNCHRON PLAYER版の登場で過去のライブラリーもリニューアルされるなど現代的なスコアリングにも対応できる表現力を備えています。

また、オーケストラ音源やストリングス音源だけでなくピアノ音源もクオリティが高いので、チェックしてみてください。

Vienna Symphonic Libraryは高額に分類されるライブラリーが多いので、セール期間をお見逃しなく!


クオリティの高いストリングス音源を探している人はこちらもチェックしてみてください。

ストリングス音源メーカー画像

【画像出典】SONICWIRE