>> セール開催中のプラグイン一覧

[本サイトにはPRリンク/PR記事が含まれている場合があります]

Tone Empire「LVL-01」68%オフセール!【9月30日まで】「Gates STA-LEVEL」をエミュレートした真空管(TUBE)方式のコンプレッサープラグイン

Tone Empire LVL-01の操作画面

Tone Empire社の「LVL-01」は、真空管(TUBE)方式のコンプレッサーの名機「Gates STA-LEVEL」をエミュレーションしたコンプレッサープラグインです。

リアルタイムマシンラーニングAIがベースとなっている世界初のコンプレッサーで、コンプレッション感が目立ちにくく、自然なサウンドに仕上がる特徴があります。

コンプレッション時のチューブコンプ特有のサチュレーションの質感も良く、サウンドに温かみのあるアナログ感も加えられることも魅力です。

こんな人におすすめ
  • ナチュラルなコンプレッションでサウンドをまとめたい
  • チューブコンプ特有の太さやパンチのある質感が好き
  • ドラムや生楽器のダイナミクスをナチュラルに整えたい
  • 生楽器系のインストゥルメントにアナログ感や温かみを加えたい
最新セール情報

Tone Empire Summer Sale
【セール期間】2023年6月13日~8月31日まで → 9月30日まで延長!
【開催ショップ】プラグインブティック / SONICWIRE
【セール内容】「LVL-01」が48%オフ!

・プラグインブティック
【価格】通常 ¥12,688(税込)68%オフ ¥4,015(税込)
>> セールページはこちら

・SONICWIRE
【価格】通常 ¥12,683(税込)68%オフ ¥4,012(税込)
>> セールページはこちら

※日本円価格は為替変動の影響により、掲載時と異なる場合があります。最新の価格はセールページでご確認ください。


Tone Empire製品最大68%オフのサマーセール開催中!(6月30日まで)
>> セールページへ

※プラグインブティックは英語のサイトです。
買い方・手順は「プラグインブティックでの購入方法」で詳しく解説しています。
Plugin Boutique購入特典
プラグインブティックでの購入では下記の特典を受け取れます。※プラグイン・e-Bookはいずれか1つの付与
  • 【プレゼントプラグイン】Audiomodern「Loopmix Lite」(ループリミキサー)
  • 【プレゼントE-BOOK】Mastering The Mix「How To Stem Master A Song」(e-Book)
  • 購入価格の5%のバーチャルキャッシュ(サイト内で使える通貨)が£(ポンド)でもらえる
  • リワードトークン(プリセットやクーポン、バーチャルキャッシュと交換できるポイント)がもらえる

Tone Empire「LVL-01」の特徴

LVL-01は真空管(TUBE)方式のコンプレッサーの名機「Gates STA-LEVEL」をAIテクノロジーと機械学習によってコンプレッションの特性をエミュレーションしたコンプレッサープラグインです。

機械学習について

コンピューターが膨大なデータを学習し取り込んだデータから特定のアルゴリズムに基づいて、ルール、パターン、特性を分析・発見しながら学習結果を構築する手法です。複雑な識別や認識を可能になります。

機械学習を採用することで、Gates STA-LEVELの特性をより詳細にエミュレーションしているのがLVL-01です。

Tone Empire社によるとリアルタイム機械学習を行ったAIベースのオーディオコンプレッサーは世界初とのこと。

主な機能

  • 機械学習によってサンプリングされたカスタムコンプレッサー
  • 低速から高速まで6段階のリカバリタイム
  • 6386真空管の圧縮特性やドライブをエミュレーション
  • アウトプットコントロール
  • ウェット/ドライ調整が可能なMIXノブ搭載
  • サイズ変更可能なインターフェース
  • 楽器別のプリセット搭載
  • オートゲイン補正内蔵

チューブコンプの名機「Gates STA-LEVEL」をエミュレーション

LVL-01がエミュレーションしているGates STA-LEVELは、

  • 1950年代にラジオ局などで使用される放送用コンプレッサーとして製造
  • 6386真空管を採用したオール真空管のVari-Mu(真空管方式)タイプのコンプレッサー
  • STA-LEVELはコンプレッサーとしての基本性能に優れており、さらに最大40dbのゲインリダクションでも歪まずにコンプレッションができるナチュラルな動作が魅力
  • 耳馴染みの良い自然なレベルコントロールが可能

という特徴を持ちます。

Gates STA-LEVELが採用している真空管(TUBE)方式はコンプレッサーの中でも古いタイプの回路で、サウンド全体を馴染ませる効果が高く、バス・トラックやマスタートラックに使用することで、音同士の密度をナチュラルに高めてまとまりを良くしてくれます。

また、Gates STA-LEVELは40dbのリダクションまでほとんど歪まずにコンプレッションできるため、ダイナミクスをしっかりと整えながらサウンドのまとまりが向上。

実機のGates STA-LEVEL、Gates STA-LEVELを現代版として復刻した「Retro Instruments Sta-Level」の比較動画がこちらです。

LVL-01のサウンド

LVL-01は真空管方式のコンプをエミュレーションしているため、サウンドへの色付けも真空管ならではの太さや温かみが特徴です。

真空管式コンプでは他にもFairchild 670や660が有名ですね。

緩やかなアタックによる滑らかなコンプレッションが得られるのでバス・トラックやマスターに使用してサウンド全体に一体感を出すのに長けています。

そのため、ドラムトラックやギターのバストラックにかけるとナチュラルなダイナミクス調整に加えて、真空管特有のサチュレーション効果が得られるのでサウンドに存在感を加えられます。

また、ナチュラルなコンプ感はボーカルトラックのダイナミクス調整にも便利です。

シンプルで使いやすいコントロール

LVL-01は一般的なコンプレッサーに備わっているアタックとレシオ、スレッショルドの設定がありません。

LVL-01のコントロール部分は、

  • Drive/Comp:コンプレッションや真空管特有のサチュレーションを調整するノブ
  • Recovery:一般的なコンプのリリースにあたるノブ。コンプがかかっている時間を調整
  • Output:出力ゲイン調整
  • Mix:コンプがかかった音と原音のバランス調整が可能。パラレルコンプレッションのような使い方もできる

以上の4つです。

これに加えて中央にゲインリダクションメーターが備わっています。

そのため、入力されたサウンドに対してゲインリダクションを確認しながらコンプ量とリカバリノブを調整するだけで処理できるので、使い方は非常にシンプルです。

DRIVE/COMPノブ

Tone Empire LVL-01のコンプノブ画像

真空管特有のコンプレッションとサチュレーション効果を調整するノブです。

DRIVE/COMPノブを右に回していくことでコンプ感や歪み感が得られます。

アタックやスレッショルドは内部で固定されているので、入力レベルが大きくなるほど、真空管による歪みが得られます。

ゲインリダクションをチェックしながら、入力レベルとDRIVE/COMPノブの調整を行い、気持ち良いポイントを探すのがおすすめ。

Recoveryノブ

Tone Empire LVL-01のリカバリーノブ画像

Recoveryノブは一般的なコンプのリリースタイムにあたるコントロールかと思います。

スレッショルドを超えてコンプレッションされた音からコンプがかかっていない音に戻るまでの時間を調整します。

全体的にまとまりを出したいときはSLOWでナチュラルなコンプをかけたり、ドラムなどのグルーブが重要なトラックではFASTに設定することで、アタックやグルーブ感を活かしながらタイトなコンプレッションが得られます。

デモ動画

サウンドデモではドラム、ギター、MIXバスで使用。
コンプレッションしながら真空管特有のドライブ感によってサウンドの輪郭がナチュラルに強調されています。

ナチュラルなコンプ感なので、MIXバスに挿してもコンプ臭くならず、サウンド全体に太さと存在感がアップしています。

システム環境

【Mac】

  • macOS 10.13 以降 (Intel/M1 ネイティブ対応)
  • VST3/AU/AAX – 64 ビット

【Windows】

  • Windows 10 以降
  • VST3/AAX – 64 ビット

【デモバージョン】

LVL-01はTone Empire公式サイトでデモバージョンも配布しています。

>> ダウンロードはこちら

Tone Empire「LVL-01」まとめ

Tone Empire「LVL-01」はVari-Mu(真空管方式)タイプのコンプレッサーをエミュレーションしていることもあり、ナチュラルなコンプレッションと太さや温かみが感じられるサウンドが特徴です。

ドラム、ギター、ボーカルなどのトラックに使うとアナログ的な温かみが加えられるので、プリアンプ的に使うのもおすすめです。

アタックタイムはゆるやかなので、細かなトランジェントコントロールが必要なサウンドでは超高速なアタック・リリースタイムを備えた1176系の方が効果的。

一方、サウンド全体をまとめながら太さと温かみを加えたいときは「LVL-01」が活躍してくれます。

FETコンプのUREI1176系やOptical(光学式)コンプのTeletronix LA-2Aとは違ったコンプ感が得られるVari-Mu(真空管方式)タイプのコンプレッサープラグインを、一つでも持っておくと何かと便利なのでおすすめです。

取り扱いショップ・過去のセール情報

Tone Empire / LVL-01
2023年4月
●Tone Empire Spring Sale (Exclusive)
【セール期間】2023年4月1日〜5月31日(日本時間6月1日夕方まで)
【開催ショップ】プラグインブティック、SONICWIRE、他
【セール内容】「LVL-01」が63%オフ!

・プラグインブティック
【価格】通常 ¥11,484(税込) → 63%オフ ¥4,216(税込)
・SONICWIRE
【価格】通常 ¥11,484(税込) → 63%オフ ¥4,217(税込)※さらに42ポイント付与

2023年1月

●Tone Empire LVL-01 Intro Sale
【セール期間】2023年1月16日〜3月31日(日本時間4月1日夕方まで)
【開催ショップ】プラグインブティック、SONICWIRE、他
【セール内容】LVL-01が55%オフで購入できるリリース記念のイントロセール
【価格】通常 ¥11,528(税込) → 55%オフ ¥5,691(税込)


【画像出典】Plugin Boutique